Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

All That Remains

All that remains


ようやく、みなさんにお知らせできます。
先日から、撮影に入っていた映画のことです。
また撮影は終わっていませんが、昨日、オフィシャルリリースでキャストが発表されたので、僕もここで便乗して発表させてもらいます。

松尾芭蕉の「夏草や、兵ものどもが夢の跡」

"Ah summer grasses, ALL THAT REMAINS of those military dreams"

長崎、浦上の聖人と呼ばれる永井隆さんを描いた作品です。

「怒りの広島、祈りの長崎」と呼ばれるほど、同じ原爆についての受け止め方、伝え方が異なります。
もちろん、両者ともに反戦と世界平和を詠っていることには違いありません。

原爆について広島から学びんだ僕は正直なところ、長崎については何も知りませんでした。
この作品を通し、彼の生き方を通し、多くのことを今、学んでいます。

そして、彼を演じるという事は僕の人生観を大きく変えました。

今でこそ、キャストとして選ばれたので、後付けと言われるかもしれませんが、
もし、役者と役柄に何らかの運命と呼ばれるものがあるなら、僕はそれを感じました。

僕の人生のこのタイミングで永井隆という偉大な人物を演じることをとても嬉しく思います。

僕は祖父母から戦争の体験を直に聞く事ができる世代でした。小学校では家族に戦争体験を聞いて感想文を書くという授業がありました。ただ、彼らはいなくなります。いずれ、私たちのような戦争を全く知らない世代が、後世に戦争を伝える時がきます。

恵まれた事に、情報伝達に多くの手段を持つ現代。

口伝だった、その昔から、書物にかわり、今は映像があります。

映画もその伝達手段の一つです。

人生の中で、覚えておかなくてはいけないことなんてそう多くありません。
忘れてはいけないこともそう多くありません。

大切な事は、戦争があったこと、被爆した事を覚えておく事、忘れない事ではないんです。

忘れても良い、思い出せなくても良い、ただ自分が感じた事、聞いた事、見た事をどれだけ受け止め、消化し、それを育み続けるかということです。

日本では永井隆さんに関する多くの映画、書物が存在します。海外でも多くの人に親しまれています。
チェルノブイリの原発事故があったとき、28人の放射線医師団がまずロシア入りしたそうです。

それは永井隆さんが残した「原子爆弾救護報告書」を読み、感銘を受け、使命を感じ、それを育んだからです。

このAll That Remainsは、国外で初めて永井隆さんを扱った作品です。

まだまだ、撮影はこれからも続きますが、
ここで色んなお話もできていけばなと思います。

公開は未定ですが、楽しみにしていてください。










「萬里無影の心境を、亡びぬものを。」





Takashi Nagai



äCäOê∂äàÉuÉçÉO ÉCÉMÉäÉXèÓïÒÇ÷Ç…ÇŸÇÒÉuÉçÉOë∫ ââåÄÉuÉçÉOÇ÷Ç…ÇŸÇÒÉuÉçÉOë∫ ââåÄÉuÉçÉO ñé“Ç÷Ç…ÇŸÇÒÉuÉçÉOë∫ ââåÄÉuÉçÉO äCäOââåÄÇ÷

- 5 Comments

金刺康彦  

映画完成おめでとうございます。

 映画完成されたそうですね。おめでとうございます。
ところで・・・日本での上映はいつごろになるのですか?
心待ちにしております。

2016/08/09 (Tue) 08:26 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/11/19 (Sat) 11:31 | EDIT | REPLY |   

Leo  

Re: 映画完成おめでとうございます。

ありがとうございます。北米ではすでにDVDが販売されているようですが、
残念ながら日本での上映はまだ決まっておりません。
日本での公開がきまればここでも紹介しますね。

>  映画完成されたそうですね。おめでとうございます。
> ところで・・・日本での上映はいつごろになるのですか?
> 心待ちにしております。

2016/11/26 (Sat) 18:00 | EDIT | REPLY |   

Leo  

Re: タイトルなし

北米ではDVDが販売されているようですが、日本での公開は未定です。
プロダクションから何か情報があれば、ここでもご紹介しますね。
ご支援ありがとうございます。

葦沢リオ

> 日本からです。永井隆博士の映画、日本での上映予定はあるのですか?

2016/11/26 (Sat) 18:03 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/19 (Sun) 04:29 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。