Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

29

2007

Self Portrait @Putney Arts Theatre

前々から家の近所で気になっていたTheatre行きたいなぁって思ってたんだよな。Fringe Theatreんー、まだ、どういう雰囲気がFringe Theatreって呼ばれるものなのかしっかりわかってない。素敵なこの劇場外観は教会。内装は劇場。綺麗。「Self Portrait」Performed by Putney Theatre Company中央に舞台で客席に囲まれている。Fringeな芝居なのに休憩がはいる。(こっちでは当たり前なのかな?休憩を挟んだ長い芝居。まだ、こんなこ...

28

2007

***朝、、、弱い。知っての通り、本当に弱い。***windows僕の家は屋根裏部屋天窓、全部で4つ 部屋に3つ 1つはクリアな窓 2つは曇り硝子窓トイレに1つ***showerボイラー式なので、お湯のでる具合、量がきまってる違う部屋の人が使っていると出なかったりする。特にこっちの人は朝、シャワーを浴びる。夜ではなく。***waxいいヘアワックスがみつからない。せっかく見つけた<私の一押し>が先日廃盤になってしまった。少なく...

27

2007

「真剣に考えるな」

「Trance」を引っさげてやってこられた鴻上さんtalkshowが開かれました。RADAの校長Nicholasさんと鴻上さんの対談Nicholasがインタビューワーみたいな感じ。1時間ほどの対談を聞いた後、飲食物がサーヴされ、フリータイム。誰でも何でもどんなことでもお話できる時間。でも会場の空間作りが比較的ソレを許さない雰囲気。何と言うかイギリスでの対談、さらにフリータイムがあるような対談の場合の会場作りってのは結構見事で、どこ...

26

2007

緑のやつ。

あぁ、久々に食べる<どんべぇ>!!緑のたぬき天婦羅!!なんというのかな、おいしいね。二日酔いの腹にはくっとくる。。。うん、くっとくる。。。あぁ、くっと来すぎた。ちょっと脂っこい。くっときた。胃にくっときた。あぁ、ちょっと気持ち悪い。あぁ、赤い方にすればよかった。天婦羅が裏目った。。。...

25

2007

後悔??

基本的に僕は自分でも思うし、他人にも言ってるかもしれないけど、「後悔しない人間」だと思う。まぁ、たぶん、後悔しないよーにしてるだけ?全部ポジティブに考えてるだけ?だって、考えても後の祭りじゃね?悔やんでもしかたなくね?って思ってるだけで、実は「後悔しない人間」ではなくて、「後悔したくない人間」なだけかもしれないですが、最近煩悩がありまっする。あぁ、今日の朝もっと早く起きればよかった。あぁ、昨日あん...

22

2007

輪廻

映画草子、、、徒然と。先日、Jホラーがみたくなり、見まくっていた時期がありましたと。そこで、今日はその中から輪廻。内容は、タイトルから想像できるとおり、生まれ変わりやら、なんやら。*** *** *** *** *** ***徒然と。。。ハリウッドのホラー映画は必ずといっていいほど、SEXシーンがでてきたりする。(←じぇいそん映画とかね。)びっくりするくらい悪いやつらがでてきたりする。「・・・一見、楽園のようにみえたor一見、...

21

2007

台本

もう終盤に差し掛かった芝居のレッスン。何か得られたのかなぁ。考えてみればいっぱい得られてるのかねぇ。さーて、台本を読むとするかぃ。ちょっとのシーンのクセにいつまでも味がなくならない高野豆腐?噛み応えあり。あーでもない。こーでもない。英語でしよーが、日本語でしよーが演技プランのピラミッド(そんなたいしたもんじゃないぢゃいない君のは。)の組み立て方は同じだと思うのだけれど、何故か、とまどい、旨くいかな...

20

2007

時々・・・ある?

昨日、例のごとく遅くまで飲んでました(すんません、毎度毎度)。いつもClapham junctionっていうところからバスで家の前まで・・・。結構気分も良かったのですが、駆け込んで乗ったいつものバス。ふぅ~っと一息、音楽を聴きながら家路についてました。すると、いきなり、バスの電気が消え、乗客がドンドン降りていく。。。「ん?まさか・・・」よくあることなんですが、こっちのバスは乗る前にちゃんと行き先を確認しないと、...

20

2007

お祭り騒ぎ

こんな感じで、THE OVERTUNEのパフォーマンスの一端を紹介してみました。何回も言ってるけれど、本当に羨ましいし、憧れるこの環境。もう、文化が言い訳にならないこのご時世。世界が狭くなる分、違う所で壁が高くなってきてるこのご時世。あの国は、あー、だからこの国は、こー、だから。あいつらの国は、あー、だし僕らの国は、こー、だし。あいつらの文化は、あー、だからしょーがない。僕らの文化は、こー、だからしょーがない...

19

2007

***BONACHELA DANCE COMPANY PRESENTS SOLEDAD***

Performed by Amy Hollingsworth and Cameron McMillanいまいち、ROYAL FESTIVAL HALL内のどこで、何が行われるのかが把握できなくて英語ってのはもちろん、文章が理解できないのもあるけれど、文字の種類がアルファベットのみなので、僕には結構読みにくかったりする。(ね?だって日本語だと、漢字とカタカナとひらがなの3種類に分かれているから結構見分けがつきやすい。って日本人だからかな?)だから、THE OVERTUNEのリーフ...

18

2007

***ANTONY GORMLEY***

the installation ,called EVENT HORIZON こんな気分のいいお祭りの時には右手にビールがあることだし左手にはタバコがいるだろうーーが。って一人で遠巻きにクラシックを聞きながら、Entrance付近でタバコをふかしてました。すると、遠くのビルの屋上に「ん?」「人?」「まさかねぇー。」ちょうど建物角っこに、何かを思いつめて飛び降りそうな人が立っているみたい。「あのさぁ、あそこに誰かいない?」「あ、あれ、あーいうア...

15

2007

奮い立て男気

THE OVERTUNEの話をずっとしていましたが我慢できず、ここで小休止。いつもいつも、僕がドラゴンボールの話をしているので、僕がドラゴンボールマニアと勘違いなさってる皆さんも多かろう。が、しかし、僕はドラゴンボールマニアというわけではなく、ジャンプが好きなのだ。ジャンプが大好きなのだ。今週のワンピース。(実は、毎週ジャンプが読める環境にいるのだ。運命のつながりを感じますねジャンプと。)もう、ダメ。震えすぎ...

14

2007

***PORTICO QUARTET***

イギリスで新しく何か音楽と出逢えたらなぁ、自分たちで何か見つけることができたらなぁ。よく思ってたこと。よくもまぁ、こういうものってのはいきなり突然、訪れるもの。THE OVERTUNEのプログラムを見ていた。ん?コレなんだろね?もうすぐ始まるし、見に行ってみるかー。ん?Portico Quartetポルトガル語かな?カタカナではポルティコ・カルテット?かな?メンバーは・・・Jack Wyllie, Milo Fitzpatrick, Duncan Bellamy and N...

13

2007

Performance! Performance!! Performance!!!

SOUTHBANK THE OVERTUNE少しずつ、ちょっとずつ。パフォーマンスの写真とお話。パフォーマンスの中には、ものすご~く気に入ったものがあって、それは、一つずつ後々取り上げて行こうかなぁと。ちょっち待ってくださいな。今日は総まとめ編。***SHEDS AND BEDS***どちらかといえば子供向けのパフォーマンスアート。ミツバチがいる小屋、自分の理想の家を書く小屋、糸電話の小屋などなど。クオリティーもかなりいい。***APPEARING R...

12

2007

THE OVERTUNE

さて、そんな素敵なSOUTHBANK。素敵さが伝わってくれば、、、って何も話してないよね。ははは。さてさて、そんなSOUTHBANKにあるROYAL FESTIVAL HALL。2年間ずっとリニューアル工事をしていました。そして先日、その工事がやっと完成。うっし!終わったぁー!!祝いだ!!祭りだ!!ということで、この企画。THE OVERTUNE<んとね、とりあえず、世界各国からいろんなアーティストを招待したり、出し物したりで、6月8日の夕暮れ~10...