Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

31

2008

青い空と大きな時計

深々と降る雪が降る冬には両天辺に白髪頭のように雪を蓄える城の塔北塔の天辺赤いカーペットに青い天井、緑の壁に囲まれた部屋。真ん中に二つのシングルベット。二つはしっかりとくっつけてあり、一つの大きなベットになっている。ベットの頭側の壁には壁一面に大きな本棚。上のほうには辞書のように分厚い古い本がたくさん並べられ真ん中の段辺りにはたくさんのパペットが棚を椅子のようにして、ちょこんと座っている。下のほうの...

30

2008

色んな違い。

色んな違いがあるようで。。。通勤でよく見かけるビシッと決めた英人キャリアウーマンなのに足元はスニーカー。初めは「ん?」って思ったけれど、どうやら会社でちゃんとした靴に履き替えるらしい。ビシッと決めた邦人キャリアウーマン、みんな会社で楽な靴に履き替えるんだよね。正反対。困っている人がいると我先に助けようとする英人妊婦やお年寄りに我先に席を譲ろうとする英人ただ、電車内ではまったくつめないので乗れない人...

28

2008

またまたまたお久しぶりです。

「元気でやってるよ。」最近買った帽子、かなり気に入ってるのだ。寒い冬にはとても暖かい。みなさんも暖かい格好で風邪だけはひかないようにね。海を越えて僕の周りでは風邪がはやってますので・・・・・。...

27

2008

【ハネムーンスイートプロダクション**6** 撮影現場】

そろそろ撮影現場の話ばっかりクドイというお言葉を頂いたのでこれが最後の報告になりやす。さて、僕のイギリス初の撮影現場、それも主役という大役を頂いたLondon→York→Sheffieldという5日間の旅も終わりを迎えようとしています。ラストのシーン(映画の中ではラストではないですが・・・。)は車中のシーン。Sheffieldからさらに離れ、ピークディストリクト国立公園(ヒースの桃色花に覆われた丘陵地帯)近郊での撮影。牧草地に...

26

2008

風の聴こえる音楽

少しつぶやきたいことがあったので・・・撮影風景はちょっとお休みさせて頂いて。。。「テルーの唄」を聴くと心が落ち着くんだよな。心の中に爽やかな風が吹くような気がして。身体の中をうねる得体の知れない何かを吹き飛ばしてくれる。そんな僕にとって大切な曲なのですが。。。「ゲド戦記」の有名なシーンからインスパイアされたのですね。心に風と草原が浮かぶんでしょう。でも別にそれはまったく爽やかなシーンではなかったけ...

25

2008

【ハネムーンスイートプロダクション**5** 撮影現場】

高級ホテルでの撮影を終えた後は一番大切なシーン町を見下ろす丘の上から朝陽を眺めるくだり。早朝から待機にしても晴れないんだよね。こういうところロケは大変です。さすがはイギリス、起きて一番窓から外を眺めると雲の無い空だったのにロケ地に移動するやいなや、大きな分厚い雲に覆われポツポツと降りだす雨。残念、予備日を設定しているもすでに天候的に厳しい状態。後は編集でどこまでやれるかが勝負という事で撮影決行。寒...

24

2008

【ハネムーンスイートプロダクション 撮影現場 外伝2】

ていうかね、ここのWhitley Hall Hotelあんまりいいのでもうちょっと写真でも載せてちゃおうかなぁなんて。入口を入るとこんな感じで、上階への階段。すべての客室は2階にありまーす。木の雰囲気とかがすごくいいんだよね。スポットライトに照らされたBar、時間が無くて行けなかったけど、雰囲気はグンバツ。でも、高いんだろうなぁ。Barカウンターのそばにあるテーブル席。ずっしりと存在感のある壁岩にアンティーク調のソファ、...

23

2008

【ハネムーンスイートプロダクション**4** 撮影現場】

さて、さて現場を移しまして場所はSheffiled夫婦のハネムーンという設定なので、そこにはもちろん、宿のシーンは不可欠。そしてタイトルにも謡ってあるように、ハネムーン《スイート》というわけで、スイートルーム満喫だー!!・・・とはいえ、さすがにバジェット的にもスイートルームを借りるというわけにはいかず・・・。だがしかし、すべての部屋が違ったデザインの高級ホテルの一室で撮影をば、一泊XXXポンドはくだらない。た...

18

2008

【ハネムーンスイートプロダクション 撮影現場・外伝】

さて外伝。スタッフというか役者の紹介。「シシシ」と笑いながら完全防寒のテロリスト仕様で撮影を眺める彼先日も登場したPattお伝えしたとおりプロのダンサーで出身は南アフリカ共和国MTVにダンサーで出演したいという夢をかかえ上英?(上京風)そして26歳にしてすでに一つの夢は達成。ていうか、ものっそいいい身体してるんだよね、腹が綺麗に8つに割れてる人はじめてみました。。。とても自分にストイックで強固な意志を持つ...

16

2008

【ハネムーンスイートプロダクション**4** 撮影現場】

Yorkでの撮影はあいにくの雨。初日はロケにはつきものの天候不良で予定時刻よりもかなり早い時間で切り上げることになってしまいました。って言っても夜中は回っておりましたけれども・・・。B&Bに戻り、身体の芯から冷え切ってビトビトになった身体を厭うものの、こんなときはウザいセントラルヒーティング。じんわり部屋を温かくしてくれるのはいいものの、こちとら求めるは即効性の暖とり機なかなか身体が温まらない。仕方がな...

15

2008

【ハネムーンスイートプロダクション**3** 撮影現場】

まだまだ体調がはっきりしないものの記憶の残るうちに綴っていきたいと思います今回の撮影。早朝のTubeに揺られ始まった初日満員電車の中大きな荷物を抱えた僕をうっとおしそうに見る人たち。「あぁ、『人の振り見て我が振り直す』」とはこのことかと。足は一路Kings Cross St. Pancrasを目指す。撮影のほとんどはSheffieldで行われるが、まず最初のロケ地はYork本来なら行く前にちょっとくらい下調べするべきなんだろうけど帰って...

14

2008

【ハネムーンスイートプロダクション**2** 撮影現場】

ただいま~っと帰って参りました。いやはや、イギリス、2008年の初陣は充実はしましたがかなり厳しい現場でした。体力肝心なこの仕事、わかってはいるものの、すべてが終わりどっと疲れが出たのか体調を崩しちゃったぃ。しかも久々に強烈に。12月、1月と知り合いや、周りの人たちが体調を崩す中「僕は大丈夫だぃ」と高をくくっていたクセに・・・。なので、ちょっとずつ綴っていきたいと思います今回の【HONEYMOON SUITE PRODUCTIO...

08

2008

上に参ります。北に上ります。

明日から撮影開始。場所はSheffieldというロンドンからかなり北にのぼったところ。まぁ、いわゆる他府県みたいなもんです。London Kings Cross駅から電車で2時間30分くらいはかかります。(ハリポッターで有名な9と3/4番線があるところよ。あるの?ふふふ・・・。)「My Sweet Sheffield」という結構、穏やかなヒューマン映画で有名になった場所でもあるのだ。(あぁ、あのピンクの鉄塔あるのかなぁ。。。)個人的にも北に向かうの...

06

2008

【ハネムーンスイートプロダクション**1** 撮影現場】

ここ数年、ずっと使っていた手帳はメモや何かを残す為のもの。スケジュール管理はその手帳の中に挟んでいる単なる自作の紙でした。しかし、2008年は自分を奮い立たせる意味でもスケジュール管理のための手帳を購入しようと思っていたものの、中々いいのが見つからず・・・悩ん末に、一番最初に買おうと思っていた1日1ページ式のCavallini&Co San franciscoの手帳を購入。早速開き書き込む最初の予定HONEYMOON SUITE PRODUCTION09 J...

04

2008

一瞬で過ぎ去った年末年始

「Time Flies so quickly(時間が過ぎるのはめっさ早い)」最近はよくこの言葉を使いましたね、ホント。色んな人としゃべる度に一度は出てくるこの言葉。 確かに時間が過ぎるのは本当に早い。小学生の頃は一日が永遠のように長かったし春・夏・冬休みはなかなか学校が始まらないのにイライラさえしたことがある。 そこで検証してみるとする。子供の頃(小学生ということで)大人の今(社会人ということで) ●子供1朝から学校へ行く...