Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

30

2008

忘れかけていたものが・・・・。

自分を大切にしていた。自分の奔放さを一番にしていた。しばらくして、自分のやりたいことを大切にしていた。自分の目的を一番にしていた。さらに時が過ぎ、今あるものを大切にしていた。維持することを一番の目的にしていた。************時の移り変わりと同じく、僕も移り変わっていた。自分で大切にしようとしているもの、自分で大切にできていると思っているもの。しっかりとした器の中で、安全に、守っているつもりでいた。だ...

29

2008

二人であるものの理想の姿

誰かと一緒にいることで、充実感を覚えることは誰しもが一度は経験した事があるだろう。ただ、誰かの一日の充実が、まるで自分の一日充実に感じた事は初めてだ。僕はただ、何もせず一日ゴロゴロしていただけなのに一緒に過ごしていた人が懸命に何かに打ち込み、それを達成する。そこから溢れる充実感が僕にまで染み渡り、僕も充実感を覚える。不思議な感覚だ。決して自分の一日だけで考えると充実していたわけではない。当たり前だ...

27

2008

gencoo's chilloux

えーっとですね。ブログ初めてみました。もうやってるじゃないかって?そうなんですけど。。。。んとですね、携帯電話からブログをアップできるようにしました!!ていうか、ね、皆してるんですよね、日本では。。。でも、僕はイギリスに来てからブログを初めたので実際、僕のブログが携帯電話でどんな風に表示されているかもしらないし無論、携帯電話から『アシザワゲンクウの「元気でやってるよ。」「元気でやって気よ。」』もア...

27

2008

Calling for more black/Asian drama students

毎週木曜日に『Stage』という新聞が出ます。イギリスの芸能系情報誌です。オーディションやら、芸能世界の情勢を知るために毎週読んでます。(なんかこんな日本語で芸能って訳をしてしまうと、フォー○スとかフラ○デーみたいに勘違いされてしまいそうですが、役者やダンサーなどそのジャンルの人が読むような新聞です。)「黒人やアジア人の役者が足りていない。」ITVのキャスティングチーフ曰く。(ITVはBBCと並ぶ大きなテレビ局)...

24

2008

Collaborators: UK Design for Performance 2003 - 2007

一般のお客さんからは普段あまり日の目をみない舞台美術や衣装などに特化したエキシビジョンが11月末までVictoria and Albert Museumで催されています。モダンな特別エキシビジョンが結構開催されるのだ。(前はカイリーミノーグの衣装展もやってたのだ。)もちろんのこと、興味深々だったので行ってきました。大規模な内容で小規模な場所だったので、例に漏れず方向音痴の僕はエキシビジョンの場所を探すのにものっそい時間がかか...

23

2008

光を生む儀式

僕の家のすぐそばにはFire Stationがある。日夜を問わず出動している。通りの窓から見える筋骨隆々のおじさんたちは日夜を問わず筋トレしている。通りから見える大きな塔をロープで登って日夜を問わずトレーニングしている。消防員の友達から聞いたんだけど日本ではもう、出動の時にはポールでシューっと滑って車庫には行かないらしい。日本の何かのテレビ番組で見たんだけど、ポールでシューって降りるより階段で降りる方が早く出...

22

2008

プラグインってすっげーー。

僕自身、機会は結構苦手だし、アナログくんなのでよくはわかってないんですが、僕が使ってるこのブログおもしろアイテムとしてプラグインってのがあるんですよね。(みんな知ってるっつーのな。)あんまり僕自身もブログのしくみとかわかってないんだけど親切な方が自分の作ったプラグインを共有データにアップしてくれてる場合それを使用できるんですよね、僕も使わせて頂いてます。その中でも偉人たちの言葉がランダムで出てくる...

21

2008

菜食主義の奈良の子供は、とても幸せだ。壱

早いもので、もう一年たったんだね。世知辛い世の中素敵な出来事は人を幸せにするね。イギリスには可愛いメッセージカードがたくさんあります。何かことある毎に、みんなでカードに寄せ書きしたりするのが一般的なのでその分、カード屋さんもいっぱいあるし、カードの質もなかなかイイ。そんなカードに思いをのせて手書きが少なくなってきてるこのご時世だから逆に手書きが結構好きな僕。手書きには一つ一つの文字に温もりがあり個...

20

2008

安いっ。けど結局はいつもと一緒やん。

Whetherspoon系列のパブ1パイント(568ml)がほぼ半額だものね。前から聞いたことはあったんだけど行ったことはなくて。だもんで、金欠僕らが向かった先はBrixtonのThe Beehiveというパブ。Whetherspoon系列。金曜の夜でびっくりするくらい混んではいたけれど席にもつけたし、まったり飲む。・・・まったりっていうかグビグビ。いつもの値段でほぼ2杯分飲めちゃうんだからそりゃー調子にも乗っちゃうよね。アンドリアスとスコット...

17

2008

寒い・・・4月17日ですけど・・・寒い。。。

こんにちは。最近、書くことはいっぱいあるんだけど、なかなかどうして余裕がない。何かわからないけど、うまく書けないんすよね、アイデア的に。というわけでイギリスでは社交辞令的なトピック。お天気の話を。ていうかね、寒いんすよ。だいぶ。まだ普通に冬と一緒の格好をしてます。去年の4月とはエライ違いです。サマータイムになってからというもの陽はどんどん長くなっていくにも関わらず、まだまだ寒い。どうなるんでしょう...

14

2008

母の味、リトアニア編

先日インド2ヶ月の旅からキリストみたいになって帰ってきた友達の下に母親が訪れました。リトアニア人の友達。英語圏出身でない友達の中では僕の知りうる限り一番ペラペラな友達。発音にしろ、語彙力にしろ、ネイティブのように感じる。ありえないね、あのレベルは・・・。僕より1年くらいイギリスが長いだけなのに。雲泥の差だぜ・・・ちっ・・・。それはそうと、母親が来ているということでホームパーティーを催してくれました。...

11

2008

4月6日に降った雪

その3日後の4月9日、ものっそい落ちてたんだよね。色んな事がありまして、頭から湯気だしながら悩んだり、怒ったりと。弱い僕だから、そんな時はだいたい飲みに行って発散しようとするんだけどその日は珍しく、友達が誰一人として捕まらず、真っ直ぐに家に帰ったとさ。帰宅一番、スカイプが鳴る。何の前触れもなく。日本の友からの声共に3年間ボールを追い続けた友からの連絡。高校サッカー部の友達3人とイギリスからスカイプ飲み...

08

2008

あんなとこにも、こんなとこにも。

ロンドンって結構、色んなところに素敵なストリートアートが転がってるんだよね。こうやって、何気なく壁に描かれた作品。描いた人の中には色んな思いもあるんだろうな。そして、その中にはこれからのアートシーンを担う人たちもいるんだろうな。ふと、そんなことを考えながら眺めてみる。んー。おっもしれーー作品がいっぱい転がってるのよね、それも道端に。これはその一つ。表現は自由で無限大でぇい。...

07

2008

Portico Quartet@Union Chapel

だ~いぶ先日(もっと早く書くつもりだったんだけど。)Portico Quartetのライブにいってきました。場所はLondon、Union Chapel19世紀後半に建造された会衆派教会坂本龍一がイギリスでのライブにここを選んだくらい雰囲気もあるし、綺麗に音も反響する。ここに訪れたのは初めてだけれど(今月末にNizlopiのライブがあるから来たかったんだけどSold Outっぽい(泣))入場料もそんなに高くなく、自由席Porticoがこんなに有名になっ...

02

2008

青い空と大きな時計、晴れ

赤い絨毯が伸びる長い廊下のちょうど中央彼は窓から外を眺めていた。雪の多い日には見渡しも悪く、窓からの景色も彼の興味をあまりそそらない。ただ、今日はこの季節には珍しい快晴だった。空の太陽は少し眩しかったがあまり気にもせず、彼は町を見下ろしていた・・・見下ろすというよりも見つめていた。「おはようございます。」一見みすぼらしいそうな蝶ネクタイ、蝶の羽のような部分の片方がダークブルーで片方がワインレッドそ...