Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時々・・・ある?

昨日、例のごとく遅くまで飲んでました(すんません、毎度毎度)。
いつもClapham junctionっていうところからバスで家の前まで・・・。
結構気分も良かったのですが、駆け込んで乗ったいつものバス。ふぅ~っと一息、音楽を聴きながら家路についてました。

すると、いきなり、バスの電気が消え、乗客がドンドン降りていく。。。
「ん?まさか・・・」
よくあることなんですが、こっちのバスは乗る前にちゃんと行き先を確認しないと、いつもの終点まで行かないバスもあるんですよね、その時々で。
僕は「はぁ、メンドクサイ」と思いつつも後ろに座っていた男の人に聞いてみました
「ここがラストストップなのかな?」
「たぶんそうみたいだな。」

一番最後にバスを降りる僕とその男の人。

今乗っていたバスを逃すと、この時間帯のバスはなかなかこない。ほかにも僕の降りたい場所まで行くバスはあるんだけど、もうこの時間は唯一の24時間バス・・・今乗ってたバスだけなのね。
ここから歩いて15分くらい、、、どーすっかねぇ。

するとその男の人
「なぁなぁ、East Putneyってどこかわかる?」
「うん。知ってるよ。」と僕。

「歩いたらどれくらいかかる?」
「んー、20、30分かなぁ」
「そうか、どーしようかな。君はどこまで行くの?」
「俺はね、West hillってとこまで。」
「あぁ!俺も実はそこまで行きたいんだ!君は歩くつもり?」
「微妙だから、どーしようか迷ってる。」
「俺も彼女のところに行こうと思ってるんだけど、ちょっと疲れてるからなぁ、ちょっと彼女に迎えに来てもらえるか電話してみるよ。」
「それがいいかもな。」

そんなこんなを話しながら、彼女に電話する彼、そして迎えに来てもらうように話がまとまった模様。
そこから始まる色々な会話。

「あ、俺、Ben。宜しく。」と彼
「あ、俺、gencoo。宜しく。」と僕

「Benは普段何してるの?」
「俺なぁ、役者してるねん。」
「は?」
「役者。」
「マジで?」
「そうだけど、何で?」
「実はさぁ、俺も役者する為に日本からイギリス来たんだよね。」
「いいねぇ、奇遇だね!!日本のどこから来たんだい?」
「大阪」
「おおおお!!!俺さぁ、東京と大阪行ったことあるよ、それとナガトと」
「ナガト?ん?どこそれ?」
「いっつも言われるんだよ、ナガトなんてないって。」
「ナガサキ?」
「違う違う。ナガト。・・・まぁ、いいよ、俺はそこにも行ったことあるよ。」


ってな具合で、最悪の状況で最高の出会い、それに酒も入ってるから、英語もちっとは堪能になってる僕。色んな意味で最高のシチュエーション。

「役者でメシは食えてる?」
「今は何とか大丈夫かな。明日も映画の撮影なんだよ。」
「おー、すげーな。いーな。」

なんだかよくわかんないけど、酔ってるし、Fuckin' coolと連呼しまくってる僕。

「いやぁ、しかし、ふぁっきんくーる な出会いだよ、これ。会えて嬉しいよ、Ben!!!」
「いやぁ、こっちもだよ。」
「今から、もうちっと飲む?ってもうどこも開いてないよな。」
「次回だな、次回。」
「そうだな!」


ってな話で電話番号をお互い交換しやした。
聞けばBenはめったにこっちには来ないらしい。久々にこっちに来たら、撮影でつかれてるは、バスには変なところで降ろされるは、で散々。
でも
いい出会いがあったから良かったなと。
それにやっぱり、何もバックグランドがない状態で自分のジャンルの知り合いとか友達とかも見つけるものなかなか簡単なことではないし、特に自分が外人ならなおさら。
だから嬉しさも満填。人間の出会いってのはおもしろいもんで、スタンド使いはスタンド使いに惹かれあうように、何か僕は僕で、そんな感じで惹かれあうものがあるんだろうかね。
興奮のあまりゆっくり聞きたい事も聞けずだったけど、まぁ、次回飲みに行く時でいっか。


そんな笑いが止まらない昨晩の出来事。

はっはっは。
はっはっはっはっは。

でも、皆も時々・・・あるんでない?

<何かが降って来るとき>

あぁ、そうだ。
次に会った時には聞いてみよう。

「長野じゃないの?」って。

惹かれあうもの

- 2 Comments

aki  

読んでてワクワクしたわ。
偶然は必然てゆうことあるけど、
出会うべきして出会ったって感じの素晴らしい偶然。
目に見えない糸でつながってたかのような出会い。
お互いなにかしら、引き合うモンがあったんやろうね。
わたしも何度かあったよ、ふぁっきんくーるな出会い。
大切にしたいね~。

2007/06/21 (Thu) 10:52 | EDIT | REPLY |   

gen  

>aki
実はこの話には続きがあるんだな。また近日中に報告しますね。
ふぁっきんくーるな出会いは大切ですね。serendipitously!!

2007/06/22 (Fri) 10:36 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。