Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

【趣き】深いもの

華やかな季節になってきた。

こっちではほとんどと言えるかな・・・駅前には花屋さんがある。

それもバラ売り宜しく、簡易の花屋さん。

ヨーロッパに比べると花の値段は高いらしいけれど
それでも、天気のいい日の帰り道

ちょこっと見かけた駅の花屋で
季節にあった風情の花を
家に連れて帰るのもなかなか乙ではございませんか。

どこで何をしていても
風情を愛でる心の余裕だけは持っていたいもんだ。
East Putney tube station




派手な服装の人が多くなってきた。

ちょっとずつだけど、気温も安定してくるのかな、つい最近までは半袖に冬物コートを羽織る人もチラホラ。

日本人と比べて他人の眼を気にしない人が多いのか。やりすぎな服装や行動の人も多々。そういう人を見るのが好きだ。


常々、やっぱり<やりすぎ>ってのは趣き深い。色んな意味で。


どんなジャンルであれ<やりすぎ>=<○○すぎ>ってのは人の目を引く。

<○○すぎ>な行動
<○○すぎ>な服装
<○○すぎ>な思考
<○○すぎ>な声
<○○すぎ>な・・・

趣き深いことは大切
何をするにしても
特にArtyなことは。

やりすぎということは普通でない。
普通でないということは面白い。
面白いということは普通でない。

つまり、やりすぎということは面白いということ。



人生を面白くするには何事もやりすぎるのがいいらしい。


え?飛躍しすぎ??

こんなところに力一杯たくさん生えすぎ。だから素敵だ。
なんじゃ、今日のブログ


2 Comments

*kat*  


あはは~~
gencooにピッタリだね。わたしにも^^

2007/07/28 (Sat) 05:36 | EDIT | REPLY |   

gencoo  

>*kat*
かな!?(笑)

2007/07/30 (Mon) 13:23 | EDIT | REPLY |   

Add your comment