Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

始まりの駅

East Putney Tube Station はじまった場所


日々少しずつ進んでいるような気もする。
でも、客観的に見ると全然進んでいない気もする。

ただ、ちょっと何かに”毛が生えた”だけの気もする。

それでも、ここから出発したあの頃の気持ちと今の気持ちは
変わらないままで、すこしずつ、ゆっくりだけど、進んでいる気がする。

自分のペースにゆっくりもクソもないか。
(<ゆっくり>ってのは何かと比較しての言葉だもんね。)
ただ、それをゆっくりだと想うのは、現状に満足していない向上心ってとればいいのかな。


この駅に立っていたあの頃の僕に言ってやろうか


「少なくとも、 元気でやってるよ。  俺は、 今も。」


0 Comments

Add your comment