Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一瞬で過ぎ去った年末年始

クリスマスが、年末年始が終わっても、まだまだ綺麗なライトアップ。


「Time Flies so quickly(時間が過ぎるのはめっさ早い)」
最近はよくこの言葉を使いましたね、ホント。色んな人としゃべる度に一度は出てくるこの言葉。


確かに時間が過ぎるのは本当に早い。小学生の頃は一日が永遠のように長かったし
春・夏・冬休みはなかなか学校が始まらないのにイライラさえしたことがある。

そこで検証してみるとする。

子供の頃(小学生ということで)
大人の今(社会人ということで)

●子供
1朝から学校へ行く。9時~15時まで学校(6時間目まであるの)
2放課後は友達と遊ぶ。習い事に行く。
3週末は友達と会う。親とお出かけ。習い事に行く。
●大人
1朝から会社へ行く。9時~17時まで会社(いわ~ゆる定時で)
2アフターファイブは友達と会う。ジム(習い事?)に行く。
3週末は友達と会う。買い物に行く。ジム(習い事?)に行く。



・・・細かく見ればそりゃー、大人の方がストレスも溜まったり細かい事で同じではないんだろうけど
でも、大まかに見ればあんまりかわんないのね。じゃー、何故流れる時間はこうも違うのか。

ん?環境?って思ってたんだけど、それも違うんだね、だったらイギリスに来て1年目、2年目なんて
ものっそい長い時間を過ごしたように思えるはず。慣れるのに時間がかかるもの。でも、そうでもない。
あんまし、かわんない。

だったら日々単調で、つまらないからか・・・それも違う。その辺はね、自分次第でナンとでもなるでしょ。

とどのつまりは、子供から大人に成長する過程を生きる中で、【生きる】ことにいい意味で慣れていくのかなと。
【生きる】ことに関する経験値は環境は変われども順応性があるんだろうから。

いわゆる【生きる】ことに対する慣れが時間の流れをすっ飛ばすわけか。


ああぁぁ、ディアボロのキングクリムゾン。
まぁ、わかんないけどね。そういうことかもなと。



・・
・・・そして、少ししょんぼりする。子供の頃のような時間軸でもう生きれることはないと。
もうジャンプの主人公になれる年齢ではないと、ファイナルファンタジーの主人公になれる年齢ではないと。

どちらかといえば、カッコよさげな師匠とか、飛空挺技師とか、そっちよりだものね。

それは仕方がない。悲しいけど、ジャンプの主人公がいいけど、ファイルナルファンタジーの主人公がいいけど・・・



そんな切なさを払拭するがごとく、クリスマス前に購入したNINTENDO DS FF3 USA版(UK版?)

FF3 DS版


すごいよね、PSPは知らないけど、DSは日本のDSでも海外のゲーム出来るし
海外のDSでも日本のゲームできるものね。やりだしたら止まらない。

英語でのロープレだから街の人に話を聞くも、辞書を片手でないとわかなんない単語ばっかり。
「これも英語の勉強だ!」という大義名分をかかげ、没頭する事、数十時間。すでにクリア。

でも、ナンだろうね、もちろん、1990年が初版。もちろん規格はファミコン。
FF3は僕が一番最初に自分で購入したロープレのゲームソフト(他にもドラクエとかしてたけど、全部、アレ、人から借りてたから。)
だからってのもあるんだろうけど、思いいれもすごいんだろうね。


もう、17年ぶりにやったにも関わらず、戦闘シーン、ボスシーン、音楽がかかれば
ノリノリノリノリ、とまんないんだよね、コレが。


ちゃ~ちゃ~ちゃ~ちゃちゃららららっらん♪


とまんないとまんない、もうノリノリで、そのままの勢いで、ちょっと前から、はまって楽しんでるジャンベを叩きまくる。
オタマジャクシが読めない僕はとてもとても音楽が苦手で・・・一日が長かったアノ頃の音楽の授業の口癖

「ちょー、なー、女子っ。このオタマジャクシの下にドレミ書いてや~」

結構、そんな口の人いるでしょ、ね?ね?こんな言い方するとプロの人には失礼なんですけど
基本的に楽器というのは楽しむまでに時間がかかるわけですよ、ピアノ・ギター・ブルースハープしかり
楽しめる音を出すまでには時間がかかる。でもね、打楽器は手元に届いたその日から、叩けばリズムと音が生まれちゃうんですよ。

もちろん、その分、奥は深いんだけども。でもね、初日からそりゃーもう楽しいったらありゃしない。
下手糞だども、ポコポコポコポコ楽しそうに叩いてます。


年明け一発目から仲のいい友達となんちゃってセッションなんてしてみたり。
effraというpubは毎週日曜日、好きな人が好きな楽器を持ち込んで演奏できるので
今度一緒に行ってみるか!?なーんて話してみたり(笑)。

日曜日のEffra



やっぱり心底、はまることが出来るものってのが一番自分の財産として残っていくんだろうね。
人しかり、モノしかり。


今年はそんな大事な友達の住むロンドン郊外へ、クリスマスから数日遅れた
クリスマスパーチーをしに出かけ、浴びるように酒を飲み、踊り、爆音で音楽を聴きながら
飲み・・・ロンドンに帰ってきたら正月用に日本酒を購入し、飲み飲み・・・と行きたいところだが
正月まで我慢我慢なイギリス版白鶴。


強烈な年末の大掃除を乗り越え!窓から眺める強烈なカウントダウン花火!!


翌朝は待ちに待った正月。正月といえば、日本の伝統。そして日本の伝統をあえて体現する為に
元旦は大好きだったじいちゃんの形見を着込んでみたり(イギリスで風流じゃい。)

着物姿


あぐらを掻きながら、台本を読んでいると、やっぱり英語のニュアンスってのをどんな風に理解したらいいのかとか、頭の中でキャラクターを考えるときに英語で考えたり、日本語で考えたりと、ごっちゃになってみたり・・・
だから、自然と考える姿勢、カビのように僅かに生えた顎鬚に手が行く。そして撫でている。

まるで一流作家のように・・・。

ものっそい《和》な雰囲気で、台本は《洋》

そんな絵ズラを客観で想像して、面白いなと思ってみたり。

そうやって待っている間に頑張って作ってくれた正月料理を楽しんだり。雑煮、タラコ、うめ~!

そうして、やりたいことを徹底的にやって過ごした三が日。

僕は毎年、元旦ないしは三が日は1年の縮図として、やりたいことを出来る限りたくさんするようにしてるのだ。
全部やったよ、やりたいこと。この三が日でさ。


唯一・・・できなかったこと・・・やりたいことでできなかったこと・・・すんません、ブログの更新でした。。。
別にFF3の責じゃないからね、ねっ。ねっ。


・・・で、あっちゅーまに時間は過ぎ、もとの自転車操業に逆戻り。
頑張らないとね。


よく食べ
よく学び
よく遊び
よく寝て
「I slept like a log(よーく寝たっ。)」
↑FF3の宿屋に泊まって起きたときの台詞。ほらっ、早速役にたってんじゃんかいよ。
はっはっは。



そんな具合で充実した一年になりますように。
一つでも多くの【生きる】経験値を獲得できますように。


そして、皆さんにとってもたくさんの幸せが訪れる一年でありますように。


これからもどうぞ、宜しくお願い致します。


Gencoo

- 2 Comments

*kat*  

明けましておめでとう。
こちらこそ、宜しくお願いします。

今年もお互い頑張りましょう!!

2008/01/07 (Mon) 12:32 | EDIT | REPLY |   

Gencoo  

>*kat*

明けましておめでとう。お互い頑張りましょー!

2008/01/07 (Mon) 14:28 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。