Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ハネムーンスイートプロダクション**6** 撮影現場】

この隙間の向こう側に羊がいっぱいいるの。


そろそろ撮影現場の話ばっかりクドイというお言葉を頂いたのでこれが最後の報告になりやす。

さて、僕のイギリス初の撮影現場、それも主役という大役を頂いた
London→York→Sheffieldという5日間の旅も終わりを迎えようとしています。

ラストのシーン(映画の中ではラストではないですが・・・。)は車中のシーン。
Sheffieldからさらに離れ、ピークディストリクト国立公園(ヒースの桃色花に覆われた丘陵地帯)近郊での撮影。

牧草地に警戒心緩々でメーメー鳴きながら
草をホグホグしている羊たちを尻目にカメラがまわる。

車が2台必要な為に雇われた運転手さんもなかなか協力的だったおかげで
僕のシーンはあっさりと終了した。

これで、この作品での役柄とはお別れだ。
ちょっと感傷に浸っている僕を横目に
車は撮影終了ラストのシーンの撮影に向けて出発する。
Patのシーンだ。


車を見送る僕に話しかけてくるプロデューサー

「お疲れさまでした。本当にありがとう。」

「こちらこそ、本当にありがとう。楽しかったよ。ってまだ終わってないけどね。」

「プレミアが6月あるからまた、シェフィールドに来る機会があるわね。
その時は招待させてもらうからね。」


「へー!ちょっとVIPになった気分だね。ありがとう。」

「色んな分野の人たちが新しい人材を発掘する為にやってくるから
もしかしたら役者としてのチャンスもあるかもよ。」


「卒業制作の発表なのにそんな大掛かりなの?」

「うん。有名な学校だから、その業界の人たちは結構足を運んでくれるの。」

「そっかー、何かにひっかかればいいなぁ。」

「そうね。」

そんな話を震えながらする僕らの目の前には
終わりの見えない道路がずっと開いている。
ろ~んあんわいでぃんろ~♪


自然と頭の中でビートルズのLong and widing roadが
ながれだした。


『僕の進む路もこんな風に見えないところまで続いているんだろうな。
ようやく少しは路が開きだしたってことかな。』


感慨深く満足気にタバコに火をつける僕。
タバコに火をつける僕


******

しばらくすると撮影を終えた車が帰ってきた。
車を降りた瞬間、満面の笑みのPatが監督に向かって何か言っている。

「Say it. Say it!!」
(言って。言えって!)


ニタニタ笑いながらしばらく沈黙を保つ監督

「THAT'S A WRAP!」

その言葉を聞くなり、飛び跳ね踊るPat

「え??何?何?」

「That's a wrap!」

「え?だからそれがどういう意味?」

「これで終わりって意味さ。撮影終了ってことだよ。」

「おーー!!!That's a wrap!!!」
新しいおもちゃをもらって喜んでいる子供のように
僕も嬉しそうにPatと一緒になってはしゃぎだす。

そんな子供たちをなだめる幼稚園の先生のようにプロデューサーが一言
「お疲れ様でした。さて、みなさーん、行きましょう。帰りましょう。電車にも遅れますよー。」

「おっ、いけね。」

そんな表情で僕とPatは同時に車に乗り込む。
一気に押し寄せた疲れからか、二人は来るまで爆睡。
気がつけば監督の家の前。

電車の時間もあいまってドタドタ焦りながら
監督の家に突入し、着替える僕とPat。

着替えるやいなや、家を飛び出す僕ら。

「Really been happy to work with you guys!!!」
(一緒に働けて楽しかったよー。)


「Likewise!!」
(私たちもよー。)


みんなとの挨拶も中途半端にタクシーに飛び乗る二人。

「みんなにちゃんとバイバイできなかったよ。」とPat

「いいんじゃないか、どうせ、また少なくとも6月には会うし。
それにこれが最後じゃないだろ。」
と僕

「はっはっは。その通りだな。」


僕らを乗せたタクシーは一路、シェフィールドの駅に向かって
走り去っていく。テールランプの光が赤いラインを作るほど急スピードで・・・。





でもね、でもね、駅で2時間も待ったの。
ものっそい早く着いたし、電車の時間も間違ってたの。

「頼むよ、Gen・・・。」

「ごめんね、Pat・・。」


そうして二人はそこいらのパブでしばしのお酒を楽しんだとさ。
【仕事】の後のビールは旨いっ!!

みんなとの写真


**劇終**

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。