Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

NINE PRINTMAKERS

nine print makers


Hammersmith駅から徒歩15分ほどの川沿いに
Riverside Studioという多目的アートセンターがある。

キュレーター的な人が趣向を凝らした作品を選び
なかなか、おもしろい映画や演劇、エキシビジョンを開催している。

今回はStudio内にあるCafe Barで無料エキシビジョンを開催。
9人の現代作家たちが異なった版画スタイルで作品を展示
作品を肴にコーヒーやアルコールを楽しむ。

たまたまこの日は、Studioをロケ地にした大掛かりな撮影があったようで
ちょうど足を運んだ時間は残念ながらCafeは閉鎖。

それでも天気の良い夕方に川沿いを散歩するのは気持ちが良い。
太陽は暖かく、陽気はまるで春のよう。
綺麗な川沿い


しばらく時間をつぶした後に再度Riverside Studioへ
白っぽい大きな建物で可愛いロゴが壁面を飾る
Riverside Studio


展示されている作品は結構多く
版画にはあまり詳しくないので、よくはわからないが
エッチングやスクリーン・プリント、ドライ・ポイント、アクアティントなど
多種多様な手法で表現された作品が並ぶ。

特に僕のお気に入りは
Noonie Minogueの作品

ヴィヴィッドでカラフルな色使いだったり
モノトーンでの抽象画だったり
空気感がとても素敵だ。
(写真を載せれないのが残念)

版画作業の工程を考えてみると
一度自分が創り上げたものをさらに
違う媒体を使って表現する。

そのままそれを表現せずに
ワンステップをおくところが非常に興味深い。
創り上げたものをどのように
目に触れるように仕上げるのかってとても重要な部分だから。

0 Comments

Add your comment