Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもしろい日本語

やってまいりました。この季節。
去年よりも早くなってきたぞ、おい。

遡る事1年前、ちょうど4,5月くらいに
夏物として、売り出され始めたTシャツたちに異変がみられたのですが

今年はもうすでに異変がみられています。春物で登場

どどん!

ふたたびやってまいりました。


記憶をめぐってみること去年の夏、あ~んなTシャツ着て
街を闊歩している人たち結構、いたなぁって。

去年の売れ行きや反響が良かったんだろうね。
だから今年はちょっと早めの春物から攻めてきたんだねぇ。

にしても気になるのはデザインを考えている人の頭の中

デザインとしての文字のみを創っているのか。
それともあえて、意味まで把握して創っているのか。

ひらがなの場合は翻訳機にかけているだけなのか。
それともキレる日本人が面白い日本語を考えているのか。

違和感までキャッチして僕らに投げているのか。
無邪気に放り投げているだけなのか。

「Lost in Translation」じゃないけど
言語の違い、翻訳というツールでの笑いっていうのは数年前に
流行ったものね。もちろん今でも素直に笑えるテーマなんだろうけど。

まぁでもそうやって考えるのも楽しいのだ。

関係ないけれど、皆さん楽しいバレンタインデイを過ごしたかな?

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。