Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年で一番、愛が溢れる日

まちをゆきかうひとびと

昨日はValentine's dayでしたね。
皆さんどうお過ごしでした?

さて、イギリスのバレンタインデー

この日とばかりに、
たくさんの花屋さんが露店を連ね、お店にも所狭しとたくさんの花が売られている。


一年中で一番、人々が綺麗な一日


街を行き交うたくさんの人たちの手には花、花束。
男性・女性、老いも若きも関係なく
照れもなく、ちまたは花を持っている人たちであふれかえり
そんな皆の顔からは笑顔が少しこぼれている。

昔、僕はピザのデリバリーのバイトをしていた。配達先の玄関から出てくる人たちは結構
ぶっきらぼうだ。「ありがとう」と言ってくれる人もいれば、お金を投げられたこともある。

昔、僕は花屋でバイトしていたことがある。花の配達先の玄関から出てくる人たちは
例えどんな人でも笑顔で迎えてくれる。
どれだけ機嫌が悪そうな人でも、どれだけ悲しそうな人でも
普段はぶっきらぼうそうな人でも
例外なく、笑顔で迎えてくれる。

だから花屋で働くのがすごく好きだった。



花にはそんな魔法が宿っている。

*** *** ***
さて、そんなバレンタイン
イギリスは日本と違い、男性が女性へ・・・が基本。さすがは紳士の国。
僕も大輪の一輪バラを購入し、家路へ。
大輪の一輪バラ


美味しい料理に添えられたスパイス
特別な一日にハンガリーの友達がくれた
ハンガリー産デザートワイン【TOKAJI(トカヒ)】を楽しむ。

TOKAJI


ブランデーのような香りにアプリコットのような風味の甘~いワイン
とても飲みやすく、白ワインのような甘いお酒が苦手な僕にはちょっと辛い。
それでも逆にあまりアルコールを感じない分、美味しく頂きました。

地酒的なもの、その国にしかないもの、想像が膨らみ楽しい気持ちになる。

*** *** ***
裸電球に包まれ、日が暮れた夕べを

1mはある大輪のバラ一輪を抱えながら、家路を急いだ僕の顔には

花に宿る素敵な魔法で
ちょっぴりいい笑顔が浮かんでいた。

花の魔法が宿ったひとたちとどいたのかな、素敵な魔法


- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。