Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

ちょっとずつ・・・ね。

Old Vic Theatre......


一日2回の更新は久しぶりかなぁ・・・。

さて、さて、オーディションいってきました。
Old Vic Theatreへと。
今はケビン・スペイシーとジェフ・ゴールドブラムが舞台をやっていて
ケビン・スペイシーがアートダイレクターをしている劇場です。

けびん・すぺいしーとじぇふ・ごーるどぶらむ。


West EndとFringeの狭間で色々面白い企画や作品を取り上げる劇場として
結構好きなところ。

CV(履歴書的なもの)と写真を送ると早速、電話が鳴ったちょうど昨日の夕方。


「是非、オーディションに来て下さい。」

「いつですか?」

「明日。」

「え?・・・はい。」

「大丈夫ですか?」

「は、はい。何とかします。」

「では、台本を送るので、あなたのパートは○○です。ヨロシク。」



というわけで昨日の今日で。
60ページほどの台本とシーンの台詞を叩き込み

素敵な素敵な
Old Vic TheatreのStage Door
Stage Doorだぜぇ。


行ってきまっするっ。
(って携帯から更新できないからもう行って来てから書いてるんだけどね・・・。)


どんな企画で、どんな内容か
みんなに報告できるといいんだけどね。

0 Comments

Add your comment