Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

空間。。。というもの。

手前に見えまするが、ワタクシのサンクチュアリ、奥に見えますがmaho氏の鞄作り工房でござい。


前にもお話したとおり僕にはサンクチュアリというものが
とても大切なのですね
。心地よい空間は心地よい瞬間を生み出す。

その心地よい空間が新しい明日を産み落とす。

って言いたい。。。でも、性格上、結構ダラダラしてしまうんですよね。
今、編集作業を頑張っているんですけど、Final Cut Proさん、すぐに
固まってしまいます。編集の「へ」も出来ない状態に、僕の思考まで固まり

京子ちゃんの日記を読んで浮気を知ってしまった稲中の前野の脳みそが
いっぱいいっぱいになりクラッカーのように爆発したよーーに

僕の頭もパンっという音をたて
僕もだーだー言いながら、ソファになだれ込みフテくされます。

たかが、パソコン
されど、パソコン
このブログだってパソコンだもの。
それに、パソコンがないと編集もできないもの。
いちびってWindowsのムービーメーカーから進歩しようとしたのが失敗だったのか・・・。

そんなことがあったって
こんなことがあったって

空間が少しでも心地いいものだと、ふと一息つけて
頭から出て行ったクラッカーの破片たちを冷静にしまいこむ事が出来るんですよね。

SUNBURSTちゃんがよりいい雰囲気をかもし出してるね。
そんなちょっと冷静になれた景色を激写してみました。

たまにはいいでしょ、日記っぽい日記でも、ね。

P.S.誰か編集に強い人がいたら教えて下さい。コメントでもいいですし、個人的にメール頂いても嬉しい限りです。メモリも1GBあるし、空き容量も30GBあるくせにたかだか2,30分の映像処理に固まるんですよね、しかも映像ファイルの重さは100MB~500MB程度なのにさっ。あーあ、コンピュータに弱いってイタイ・・・。

0 Comments

Add your comment