Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草の先端を風が撫でている。そっと 優しく。

00


草原に風が吹いている。すぐそばには湖がある。
僕の裸足の足裏がこそばい。

草原に風が吹いている。すぐそばには湖がある。
僕の足元に違和感を感じる。

足裏がこそばいし、土を草を踏みしめている感覚がまったくない。
そこに立っているはずなのに、何故か足が浮いている・・・ようだ。
若干、地面から浮いている。本当に若干だけど、ちゃんと両足で大地を捉えられていない。

草原のそばの湖。
湖面に映る男の顔は理由もないのに険しい。
それも一時のものでなく、男自身、それに気づくのもかろうじて・・・というくらい
男の顔に険しい表情が馴染んでいる。

「あのリンゴ・・・あの木になってるリンゴをとりたいんだよな。」
つぶやく言葉は帰る場所を知らず、ただ、こだまする。

男はリンゴを取ろうと一生懸命飛び上がっているのだけれど
いっこうに届く気配がない。

「あのリンゴ・・・」
「とにかく何とかしなきゃ。」
「あの木の枝をとって、木の枝でつついてみるか。足元に転がっている石を投げてみるか。
ん、違う。あっ、この木登れるんじゃないかな。」
「・・・」
「ダメだ。・・・とにかくなんとかしなきゃ。」



「うわぁ・・・」
「あのリンゴいいなぁ。」
「あのリンゴ欲しいなぁ。」


気がつけば、男のそばに少年がいる。
それはとてもとても見覚えのある面影。
<この子も欲しいのか。>
「ねぇ、僕?この石を投げてみたらいいんじゃないか。木の棒でつつくのはどうだい?あ、君なら簡単に木に登れるんじゃないか。」

少年は男の声にまったく気づいていないのか、聞こえていないのか
辺りの草むらをフラフラ歩いてみたり
時折、しゃがみこんで土いじりをしてみたり、いきなり大の字になって寝転がってみたり
何やらとても楽しそうに、ゴソゴソしている。

「君はリンゴが欲しいんじゃないのか」

少年は男の声にまったく反応しない。
男は少年にに多少不快感を抱きつつも、懐かしい気持ちを感じずにはいれなかった。
でも、目的であるリンゴをとることに時間を割きたかったので、しばらくの間、少年を無視することにした。

足元の石を拾い、リンゴに向かって投げてみる。
たまに当りはするものの、リンゴを落とすには至らない。
木の棒を拾い、リンゴに手を伸ばすも届きそうで届かない。
多少届きはするものの、リンゴを落とすには至らない。

「クソっ。」
「どうしたらいいんだよ。」
「・・・登るしか・・・ないか。」

仕方なしに男は木に登ってみようとするものの・・・すぐに気がついた。まったく踏ん張れない。
足に力が入らない。それに手だけで木を登るには限界がある。

「何なんだ、これ。くそっ、登れないじゃないか!?」

「お兄ちゃん」
木に登ろうとしている男の横で、何やら不思議そうな面持ちで少年は男を眺めている。
「お兄ちゃん・・・リンゴ本当に欲しいの?」

「?当たり前じゃないか、だからこんなに頑張ってるんだよ。」
「ふ~ん。そうなんだ。いらないのかと思った。」
「どうしてだい?」

「だって、楽しくなさそうなんだもん。あのリンゴ欲しいのに、何でそんなに楽しくなさそうなの?」

「それは・・・。」
「・・・」
「・・・。」

「ねっ」

「・・・そうだな。」

「なんだ、ちゃんと気づいてるんじゃないか。」

その声と共に少年の姿はもうそこにはない。



草原に風が吹いている。すぐそばには湖がある。
湖面に映る男の顔には穏やかさが戻っている。

「さーてと。・・・うん。登り甲斐のありそうな木じゃないか。」
「何だ、この木、よく見ると人の顔みたいじゃねーか。それもくしゃおじさんみたいな顔」
「はっはっはっはっは。いいねぇ。」

湖面

草原には風が吹いている。
折れ曲がった草の根元を風が撫でている。そっと 優しく。

- 1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/03/22 (Thu) 14:28 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。