Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【しゃっくり】なんて、ここ何年も出てないんだよね。

なんですよ、ここ数年、思い返してみると僕はしゃっくりをしてないのよね。
ていうか、僕、しゃっくりしたことある?ってくらい思い出せない。

しゃっくりって小学校の頃はよくしていた気がする・・・。
1000回以上しゃっくりしたら死ぬって聞いてものっそい焦って
しゃっくりの止め方を必死で聞いたあの頃。

・水を一息で飲むとか
・誰かにびっくりさせてもらうとか
・器の淵に塩をつけてその水を飲むとか

しゃっくりは横隔膜の痙攣

・・・科学的にはね、知ってた、小学校の頃から理解もしてた。
でも、それでもね、小学生の僕には命の危険を感じるほどのものだった。



それはさておき

Royal Opera House daytime


先週末、ロイヤルオペラハウスに行ってきました。
やっぱりすごいね。歴史がある建物は荘厳だ。
しかも、あまり見せびらかしていないところ、<歴史だぜっ>っていうところが素敵。
建物の中にはかなりモダンなレストランもあるし、とてもロンドンらしい。

昔、奈良の石舞台近くで、緑一面と山の合間で能・雅楽を見たことがある。
(奈良の石舞台近郊、灯篭祭り・・・大好きだったなぁ。)
日本も徐々に歴史建造物とアートのコラボレーションが増えてきてるって聞くね。

いいなぁ、いいことだなぁ。


ちなみに作品はね。

【Simon Boccanegra】
Giuseppe Verdi


そんなに有名ではないんだな。
ウィキペディアでも日本語での紹介はないもの。

さて、さて、イタリア語で英語字幕、それにオペラなので、
字幕に目を通した後、そのまま舞台に目をやっても、まだ謡ってる。
だから内容も舞台も理解しやすかったのだ。

しっかし、やっぱり古典、いわゆる文学作品というジャンルに
宛がわれる作品ってのは面白いとか面白くないとかそういうレベルではなく、
何と言うか殿堂入りしているんだろうね。

だから、批評の対象として、脚本や台本が面白い、面白くないとか
そういうものではなくて、結局は監督、演出家、衣装、舞台装置、役者など、
土台に乗っかってる要素を、面白いか面白くないか判断する。


それって面白くないんだよな、いや、面白いけど、面白くない。


例えば人が何か作品をみるじゃない?
んで、「それ面白かった?」って聞かれる。

その答えはいたってシンプルで
基本的には【面白い】or【面白くない】の二通り

でも、それは
個々の中にある無意識の総合得点から導き出されているわけで

******
例えば
台本・脚本:20点
役者:20点
衣装:20点
舞台美術:20点
時間:20点

100点満点中、60点以上で面白い。
******

これは、もちろんその人の経験に基づいているんだよね。
一種の価値判断の基準なわけだから。

ただ、僕が言っている(何様だっ)経験ってのは映画をたくさん見ている経験、
舞台をたくさん見ている経験、そういったものだけではなくて、
その人が生きてきた中での経験も含めてと言いたいのだ。
(どエラい大げさな話になってきたぞ。)


何で、またこんなお話になったのかっていうと
僕は実は、オペラを見たのが人生で初めてなのだ。
Royal Opera House inside


でね、いい経験にはなるだろうけど
どこかで何か勝手な意識と先入観が入っていた臭い・・・。

「○○○」って。

(ごめんね、ここは控えさせて。)



でね、ものっそい面白かったのさ。
思惑に反して。その僕の中での総合得点的に。


日常生活の中で面白い、面白くない。
舞台の上に挙げて面白い、面白くない。
カメラに収めて、面白い、面白くない。


色んな面白いと面白くないがあるんだけど
少なくとも、僕の中ではすごく面白かったわけなのだ。


でも、殿堂入りしてる分、面白くなかったけどね。
(どっちじゃい!?)


殿堂入りしていることを理解すると面白い。
殿堂入りしていることを知らなかったら面白くない。

ってことかな。

理解すること、分析すること、感じること。

そんなこんなかしこまったことを言っているけど
そうやって物事を把握することは大切だけれど


結局のところ、感じるもんは感じるのさ。








「ヒクッ・・・」


Royal Opera House ngithtime




- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。