Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

IRON MAN

映画草子、、、徒然と。

Iron man


最近、映画草子さかんです。
それもそのはず、フリーパスがあるんだもの。
Any time Any day見放題なんだもの。

しかも1ヶ月に2回見ればもう元がとれちゃう値段なんだもの。

僕が大好きだった日本でいうところの単館配給の映画は見れないかも
しれないけれど、学ぶことはたくさんあるし、研究、研究。

というわけで今日見たのは

【アイアンマン(Iron Man)】

Director:John Favreau
Cast:Robert Downey Jr/ Gwyneth Paltrow


もともとはアメコミらしいんだけれど
なんつってもこの作品が面白い作品なのは役者だろうなー。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』しかり
その役者がいなかったら全然、面白くないような作品を見ると
「オーッ」ってちょっとこの辺りが(どこかわかるかっつーのね。)
血沸き、肉踊るんだよね、色んな意味で。

しっかし、見た人は皆、ロバート・ダウニージュニアが
すごくいいって言うんだろうな。実際いいんだけどね。

数あるヒーローものでも、結構良い年こいたおっさんがスーツを着て
飛び回り戦う作品なんて、そうないものね。

でも原点はガキんちょの発想という点がとても面白い。

さすがに科学用語が多すぎてわからないところもたくさんあったけれど
(あの青白く光るコアは何ていうパワーなんだろ・・・。)
どうせ見るなら映画館で見るべき映画ですね。

ちなみに皆さんは映画館で見る映画と
DVDで見る映画はどうやって決めてるんですか。

んー・・・。思いつくとしたら・・・。

①早くみたい作品は映画館

②映画館で見た方が臨場感がありそうな映画は映画館。

③好きな監督の作品は映画館。

④好きな役者の作品は映画館。

⑤タダ券があれば映画館。

⑥デートコースに映画館。

⑦ていうか映画館なんて最近足を運んでない。

こんな感じですか。
「俺(ワタシ)は、こんなだぜ!」とかあれば教えてください。

さて、それではいつものノリとテイストで
徒然と作品について語らせて頂きます。

*** *** *** *** *** ***

さてさて、、、、

徒然と・・・。


背高ノッポと天才おチビはいつも一緒。

何でも一緒。

天才おチビは悪戯大好き

背高ノッポは天才おチビがやらかす悪戯が大好き

ある日、天才おチビは悪戯が見つかり、おしおきに合いました。

押入れに閉じ込められ、反省しました。

「今まで僕の悪戯でどれだけ皆に迷惑をかけたんだろう・・・。」

「しかし、このまま閉じ込められているんじゃどうしようもない。」

「ここから何とか抜け出さないと。」

天才おチビは天才悪戯を使って何とか脱出しました。

お仕置きした人をやっつけて・・・。

本当はお仕置きした人も悪いわけではないのに。。。

反省した天才おチビは、
世のため人のために自分の悪戯を使おうと考えました。

もはやそれは悪戯ではなく、貢献です。

しかし、背高ノッポはそれが気に入りません。

背高ノッポは天才悪戯が大好きです。

天才おチビの『貢献』を、自分の力で『悪戯』に変えてしまいたいのです。

二人はやっぱり寄り添えず、大喧嘩。

でも、いっつもいっつも、そうだけど。

最後はおチビが勝つんだよね。

だいたい正義はチビで、悪はノッポが多いんだもの。

*** *** *** *** *** ***

アメコミだものね、二元論。

あぁ、グゥイネス・パルトローきゃわいい。


0 Comments

Add your comment