Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

SHOOT ON SIGHT

映画草子、、、徒然と。

Shoot on sight

【SHOOT ON SIGHT(シュート・オン・サイト)】

2005年7月7日に起きたロンドンテロの後に
起きた事件を実話を元に語られるお話。


Director: Jag Mundhra
Cast: Baseeruddin Shah/ Om Puri/ Brian Cox/ Sadie Frost/ Greta Scacch


こういう作品は本当に良いんだと思う。

比較的テロが身近になってしまった世界で

比較的テロを身近に感じないような僕たち日本人にはいいものではないかと。


ドキュメンタリー過ぎると届かないメッセージ

エンターテイメント過ぎるとぼやけてしまうメッセージ


メッセージが明確すぎると胡散臭くなってしまうメッセージを

上手くメッセージとして人に残すように意図的にではなく

想定してつくられた作品。

一方の面だけから物事をみることの怖さ

一方の面だけから物事を見られていると感じる怖さ

本当は一方の面だけなど存在しないのに。

一人で生きている世界でない以上

一方など存在しないはずなのに。


映画ジャンルとしての中間点

人の思想としての中間点

事実としての中間点


気が付いている部分もあれば

気が付かない部分もあるけれど

いろんな中間で生きている僕等に

中間でいることを意識し

そして、中間にいたとしても

しっかりと見据えるべきものを提示している作品だと思いました。


まる


0 Comments

Add your comment