Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぁ、、、、、痒い。。。

綺麗なけしきでしょーーーーー。

おこんばんわ。
8月最終日、今年も残すところ後4ヶ月になりました。
イギリスよりゲンクウです。

久々に日本にいる弟とかなりの長電話をしました。

4時間近くか・・・。

こんなに兄弟で長電話をしたのは初めてじゃないかな。

楽しかった。



「え?4時間?通話料とか高いんじゃない???」
と思うかもしれないですけど、そんなことないんですよね。

中華街で購入したカードで
イギリスの固定電話から日本の固定電話には
5000円強(£25)のカードで1800分ほどかけれます。
日本の携帯電話には180分
(エライ違いだな、オイ。)

すごいでしょ。固定電話だと1分で2円強・・・

イギリス資本の電話セールス会社が
インド経由で勧誘電話をかけたとしても
コスト面で成立する理由に納得。

携帯電話が普及しているこのご時世、
だいたい家にかかってくる電話は勧誘の電話。

携帯電話の契約勧誘だったり
旅行の勧誘だったり
ガス会社や電気会社だったり・・・

でもね、オペレーターのほとんどは
インド訛りの英語を話す。

初めは、あぁ、オペレーターって仕事はインド人が多いんだな
って思ってました。

僕みたいな外国人にとってインド訛りの英語は聞き取りにくいけど
やっぱりNativeの人には問題なくて、
サービスとしてしっかりと成立するんだなぁ

わかんないし、うっとおしいけど、「へー」って、感心。

でも、どうやら違うらしく、そういった電話のほとんどはインドからだそうです。
コストも安く、ITも進んでいる国だから。

イギリスに来て、インド人の友達に聞くまで知らなかったんだけど
インドのFirst languageは英語、もちろん、ヒンドゥーなど
他にも色んな言語はあるけれど、共通言語は英語らしい。



なるほど、だからインド訛りの英語が存在し、受け入れられてるんだ。



色んな国の人たちが色んな訛りで英語を話す。

でも、日本人の英語の訛りってなかなか形がない・・・よね。

「でぃす・いず・あ・ぺん」

みたいな?でも、これじゃぁ、残念ながら通じないんだよね。

訛りとして認識されてない訛りだから・・・。

考えてみると、色んな国の人たちが母国言語をベースとして
訛った英語を話している根底には訛りが育つ環境があるからだと思う。

例えばタイ人の友達は留学するまで、ずっと国内で勉強していただけだけれど

教育の過程でしっかりと英語をしゃべれるようになってる。

(そんだけ話せるなら留学しなくていいじゃん・・・(嘘)ほぼ妬み)

それは<○○人訛りの英語>を持つ国はほとんどそうなんだと思う。

日本がいくら日本人訛りの英語を【訛り】としてしゃべったとしても

日本語訛りの英語が育つほどの環境が日本にはないわけだし。

もちろん、国外にもそんな環境は無い。

英語ペラペラな日本人が英語教室を開いていたとしても

今はもう、なかなか受け入れてもらえないだろうし。


(逆に僕が小さな頃は日本人が教える日本語が受け入れられていたから
昔はもしかして日本語訛りの英語が確立していたのかもしれないけど。
でも、その頃はまだ、日本人が英語慣れが今ほどじゃなかったろうから
確立はされてなかったのかも・・・。)



だから、基本的に日本人が学ぶ英語ってのは

現地で、虎子を得ず、の精神で得た英語だから訛りもそんなにない。

日本人っぽい英語ってのも、そこまでない。

しかも、国内で学ぶ英語ってのはほとんどがNativeからだから

もちろんNativeに習った発音になってくる。

それってさー、

逆に素敵なことだよねー。

その努力が日本人らしくていいよねー。

本来、言語は意思疎通の為のツールなだけだから

別に発音なんて相手にわかってもらえれば上手な発音である必要はないし

上手な発音よりも、より思っていることを伝えることが出来る方が大切。

だーーーが、しかし、だがしかし、

そこは日本人の相手を敬う発想から、より相手にわかりやすいように

伝わりやすいように、できるだけNativeに近い発音を学ぼうとする。

ここが日本人英語の原点。


決して

<綺麗な発音の方が格好いいから!!!>

ていうわけではなくて。


ね。

ね。

ね。


そんなこんなで英語の勉強頑張りますから・・・。

昨日もオーディションに行ってきたけんども

やっぱり英語で思考を言葉のみで表現するってのは難しい・・・。

理論的に、理屈的に、言葉を思うようにできない歯がゆさ。

かゆい。


あーー、かゆい。


かゆい・・・。

まー、それはでも日本語でも一緒かぁ。。。



- 1 Comments

otoutodesu  

白い文字は、かなり読みにくいから変えたほうがええよ。

確かにかゆそうや。
言語の習得能力にも個人差があるそうやし・・・。
日本語を意識しながら英語を話すことを早く無意識層にゆだねたいとこやね。

2008/09/04 (Thu) 01:58 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。