Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

飾り棚

前にお話したフラワーマーケットで連れて帰ってきたのを期に


僕「わかっている、maho。今日から新たな計画を推奨する。」
僕「maho、俺と一緒に人類の新しい歴史を作らないか。」
僕「かつて誰もがなしえなかった神への道だ。」
maho「部屋改造計画か!?」
僕「そうだ。」

ハイっ。

そんなこんなウダウダな件がありまして
着手しました。部屋改造計画

アンティーク家具屋
マーケットの家具屋
がらくた家具屋
色んなところの家具を見て廻り
値段とも相談しながら半ば諦めかけていた先週末

ありました!家の近所のCharity shopの片隅に
ホコリの被った飾り棚

値段が書いてなかったので
お店のお兄さんに聞いたところ
なんと£5!
びっくりして聞きなおすほど。

肩に担いで家まで運んで
綺麗に洗って、ささっと拭いて
収納用にmahoが作った創作カーテン
これまた可愛い。

F1000087.jpg

うん。

徐々に出来てく素敵な空間
そして、いつかは
今にも動き出しそうな城に住みたい・・・。

棚1000円

いいねぇ。

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/03/27 (Tue) 15:16 | EDIT | REPLY |   

Add your comment