Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

88 MINUTES

88 minutes

またまたみなさん、ご無沙汰してしまいました。
もうちょっとしたら最近の出来事をまとめてちょちょいとブログりたいと思いますので
待ってて下さい。ちょいとバタバタしてました。

前回から引き続きのような導入になっちゃいますが

緒方拳さん、、、逝かれましたね。

なんというかポール・ニューマンに続き

とても良い役者さんたちの訃報が続いて残念です。

でも、作品とその存在は後世に語り続けれられます、必ず・・・。



それでは

映画草子、、、徒然と。


【88 Minutes(88ミニッツ)】

Director: Jon Avnet
Cast: Al Pacino/ Amy Brenneman/ Deborah Kara Unger/ William Forsythe


これまた前回と同様、ジョン・アヴネット監督の作品。
さらにアル・パチーノを起用。

何と言うか、この役者さんはナチュラルを通り越して
スーパーナチュラルですよね。作品の中である意味、
そこらへんに歩いている人よりも人間くさい。
人間味があるというより、人間くさい。

アル・パチーノ好きな人なら
昨今の彼とはまた少し違う役柄で面白いと思います。


それに個人的にものっそい興奮したのが
ひっさびさに観ましたウィリアム・フォーサイス。
(同姓同名でコンテンポラリーバレーダンスの振付家いるので
間違えられやすいですが・・・)


たぶん僕が最後に彼を観たのは「ザ・ロック」です。
(観たけど、覚えてないかもだけど・・・)

ビル・パクストンFBI捜査官ですよ、ええ!
もちろん今回もFBI捜査官です、が、歳とりましたね。

といっても確か「ザ・ロック」は1994年とかですからね。
ショーンコネリーもばりばり現役だったし。

15年か・・・・そりゃーもー、歳とるっつー話ですね。
でも、期待したような役で、お芝居で、良かったです。


てな具合で、いつものように内容は省きます。
このご時世、知りたくなくても作品概要なんて耳に、目に
はいっちゃうものね。


なんか、映画紹介だけのブログみたいになってきたかな・・・。

んなことはないんですよ、ただね、映画とかお芝居を観たときだけは
どんだけバタバタしてても、頭と感覚がフレッシュなうちに
書き残しておきたいわけです。迷子にならないように。

最近の僕の動向はまた、ちゃんと書きます。

では、みなさま、ごきげんよう。

映画草子でした。



- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。