Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

約4ヶ月ぶりのラッキーストライク・ソフトパック

ざ・はいどあうぇい!

終わりました、そしてまた始まります。

興奮冷めやらぬままに、徒然と。

僕の原点だったHideaway、創設から参画している
イベント、Arthur Fowler's Allotment

現場に立ったときはとても懐かしくて
7ヶ月前とガラリと変わり
イベントらしいいでたちで。

内容もスタンドアップコメディーが目白押し
相変わらず、役者や、マジシャン、コメディアンなど
色んなジャンルの人たちで賑わうイベント。

僕のお芝居は基本的には前回と同じで
Kenの生態を覗き見するお客さんたち。

Etcetra Theatreとは違った客層と
お客さんたちの姿勢に、始まる前は
ちょっとナーバスになったりしたけれど。

それでもやっぱり暖かかったお客さん。
観に来てくれた皆様、ありがとうございました。


にしても、1度目より、2度目、そして2度目より、3度目と
少しずつでも前に進んで【生きたい】と思います。

お客さんの前で2度目を迎えることができたことで
また少し見えたものがあります。

たぶん、来週金曜日6月26日にまたやります。
今度は、【2回目の場所】CamdenのEtcetra theatreです。

詳細はまたこことそこでお知らせしますね。

今から、ビデオを確認して
・・・また研究します。

ビデオみて凹んだら・・・な~んて。

いえいえ、研究します。
勤勉します。切磋琢磨ります。

だって、ラッキーストライク・ソフトパックには
まだまだたくさんの煙草が今か今かと僕を待っているんだから。

湧き上がってくるドロドロ

0 Comments

Add your comment