Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰過ぎてタイトルも思いつかなかった。

KEN!!!!!



先日、というか先月の一人芝居観に来てくれた皆さんに
ご挨拶すらしていなかったです。

ありがとうございました。

今年の2月ぶりのEtcetera theatre
基本的には同じパフォーマンスでしたが、客層がうってかわって
全然違い、予想できなかった反応を感じました。う~ん、びっくり。

で、いいわけなんですけど、7月の上旬にまたまた
まったく違うイベントに参加する予定だったので稽古に追われ
ここに帰ってくる余裕もありませんでした、申し訳ない。

しかーーーし、あちらさんのアクシデントで、
参加には至りませんでした。残念。


そんなわけで、いきなり当日身体がすっからかんに空いてしまった僕は
こっちで一番仲のいい友達、アンドリアスにオーディション用などなどの
写真を撮ってもらおうと、スタジオに遊びにおばいきました。

前々からず~っと話していたんですがなかなか実現できず
やっとこさですよ、ホント。しょっちゅう会って、飲んだりしてるんだけどね。
でもいざ、面と構えてお互い写真家と役者で対峙するってのは・・・

こんな感じでした。
・・・想像してください。


男二人が大きな方の用を足すためにトイレに入りました。
トイレはお互い向き合っている状態。
用を足そうと準備万端便座に座ります。

さて、いざ括約筋に力を入れようとすると、
音を立ててキィ~っとドアが開きました。

「あっ。」

向かいのドアも同じタイミングで開いていきます。

相手の顔が見えました。

ドアは開けは放たれてます。

「お、お、おぅ。アンドリアス。」
「あ、あ、あぅ。ゲン。」

まぁ、こんな感じです。



で、彼は今、スタジオの管理プラス、写真家として
スタジオに住み込みで働いているので時間外に関しては
自由にスタジオと、その資材機材を使えます。

僕もその恩恵にあずかりました。

お~っと、ここで一応紹介しておきますね
奴のウェブサイト。是非覗いてみてください。

Portfolioをクリックしてもらって、Peopleのところに僕もいます。


リンクにも強引にはっつけとこ。


そんなこんなで夜の9時頃から朝方の3時頃まで
後半は、写真家と役者の衣装は完全に脱ぎ去った様子で
酒飲み、煙草吸い、歌い、踊り、撮り、演じ

で、過ごしました。

Gencooちょっといい感じ



また近いうちに日付を決めて、
大便所に用を足しに行こうと思ってます。



で、実はついこないだまで、フィンランドに留学している日本の幼馴染が
イギリスに遊びに来てくれていました。
いやぁ、毎晩、よ~、しゃべりましたね、M氏とGさん、僕の構図で。

いや、たまに激論、たまに諭され、たまに幼児扱いされ、
たまに園児扱いされ、たまに学生扱いされ、、、

それに色んなところにいきましたとさ、
ロンドン郊外やら何やら。


バースにいも行ってきました。
ローカルパブで飲んで、ローカルレストランで飲んで。
これからも土地の思い出にコースターはもらってこ。

イギリスは日本で言うところの地域の焼酎や日本酒のノリで
エールビールという地ビールが有名なので、そのコースターね。

おっし、飲み歩き大義名分ばっちり。

その彼女も先日フィンランドに戻り、日常が帰ってきたかと思いきや
来週、おそらく本番です。

確定したらまたお知らせしますが
今度はまったく新しい一人芝居です。キャラクターのKENには
お付き合い頂きますが、シチュエーションはまたまた別。

Camden Fringe Festivalの一環で参加する予定です。

あー、カムデンフリンジフェスティバル、最初来た頃に見に行ったなぁと
思いながら、自分のブログを検索してみるとありました。コレ

2年くらい前ですか。

イギリスでは3番目に大きなFringe Festivalです。

1番は皆さんもご存知、Edinburgh Fringe Festival
(エジンバラフリンジフェスティバル毎年8月)

2番目はBrighton Fringe Festival
(ブライトンフリンジフェスティバル毎年5月)

3番目がこの、Camden Fringe Festival
(カムデンフリンジフェスティバル毎年8月)


当時、このカムデンフリンジの作品を観劇したときに思いました。
まずはこれが最初の目標かなと。

2年か・・・むむむ・・・悪くないと、前向きに考えましょー。

個人で参加できるわけではなく、
今までのArthur Fowler's Allotmentのように
演者達の一人として参加します。

だもんで、まだまだ5合目にも到達していないような気もしますが
ちょっとずつ、ちょっとずつ登っていきたいと思います。


詳細が分かり次第、お知らせします。


ちなみに、8月末にはエジンバラのフリンジフェスティバルにも
参加する予定です。確定するといいなぁ。

これまた詳細が分かり次第、お知らせします。


いやー、書き始めると
神父さんに「いやぁ、あのね、王様の耳って、ロバのアレですよ。」
って言ってるよーな気分になってきて、どんどん、指がタカタカと
アルファベットを打っています。


いいですね、ここに戻ってこれるってのは。
・・・って毎回言ってるならちゃんと書けよって感じなんですが。。。


マメに更新すれば、もーーーーっと書くこといっぱいあるんですけど。

た~とえば~

僕の大切なM氏の誕生日がありました。
今年はHappy Birthdayではなく、Happy Birthday Weekendsと銘打って
インド人も顔負け、3日間誕生日ということで楽しみました。


さーらに、こないだなんて、僕の大の親友が二人も結婚したんだぜ~!
めでたかった。めっさ、めでたかった。


そのうちの一人のお兄さんの家の広いお庭にでっかいソファーを持ち出して
本当に仲のいい数人と彼の身内でろうそく並べて夜中まで、
二人の船出を肴に酒を飲んだんだよね。


僕は、シャンパンなんて、洒落たものは飲めない。

でも、あの日飲んだ冷蔵庫が壊れていて生ぬるかったシャンパンほど
今までに美味しいと感じたシャンパンはなかったな。


そんな、日々のことを、
もう少し、頑張って書き綴って行こうと思っています。



書く必要ことがないほど、つまらない日々を過ごしているつもりはないけれど

ちぃ~っと気を抜いてしまうと、その日何があったかも思い出せなくなる。

ちぃ~~っと気を抜いたことを忘れてしまうと、
その週何があったかも思い出せなくなる。

ちぃ~~~っと気を抜くことがどういうことかすら、わからなくなると、
その月、その年、何があったかも気がつかなくなる。

そーして、日々が淡々とタンタンと過ぎていく。


僕はまだ、あんまりそれを良しとできるほどの身分ではないから。
身の丈を精一杯伸ばして、やってきます。
たけのこくらいの勢いで。(24時間1m伸びるのもあるらしいよ)


ひっさびさの更新だから長くなっちったけど、許してちょーだい。


僕は元気でやってるよ。

みんなも元気でやってると思うから、元気でやってけよ。


これでも元気にやってまっする。


- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。