Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

Ken Goes To An Audtion 5th Aug @ The Camden Head

Coo Comedy Camden

こんばんわ。ゲンクウです。
おっと、今、ゲンクウって打ったら現空と変換されました。おもしれっ。
空に現るか・・・。これもよかったなぁ。。。ちょっと禅の香りがしますね。

正確には漢字で乾宮と書くんですよね、実は。

名前の由来は葦澤と僕の本名、亮の組み合わせが
役者名前として、あ~んまりということで、漢字の組み合わせで
葦澤乾宮をもらったわけです。そして、乾と宮の読みを
漢和辞典から、じっくり選んだ末、生まれた芸名です。

実にしっくりして気に入ってるんだな。

あらら、なんでまたこんな話を・・・。

さて、本題に入りますが、
前にお伝えしたよーに、Camden Fringeに参加します。
残念ながら1日だけですが、しかも5分ほどですが、
新しい一人芝居をば。。。

Coo Comedy Clubというイベントの一環です。
Arthur Fowler's Allotmentでお世話になっているプロデューサーAnthが
設立、運営した別のイベントで
基本的にはスタンドアップコメディースタイル。

舞台と呼ばれるような場所にはマイクが一本、
スタンドアップコメディアンが、漫談というか、言葉巧みに世を切ったり、
日常に転がる「?」を面白可笑しく話してみたり。

長井秀和さんがアメリカで頑張っているのも
このスタンドアップコメディーだと思います。

おそらく英語圏では、日本の漫才と同じくらい
手軽に、そして、老若男女楽しめるエンターテイメントです。

今回の僕の一人芝居もそのスタイルに若干合わせた設定?です。

Coo Comedy Camden

【Ken Goes To An Audtion】
Written and performed by Gencoo Ashizawa


*Date and time

10:15pm Wednesday 5th August

*Venue
The Camden Head
(formerly known as Liberties Bar)
100 Camden High Street
NW1 0LU


また、宣伝のみになってしまった感じですが、
5日の本番が終わればまた日々を徒然と書きますね。

時間があって、都合の合う皆様、ぜひお越しください。
Kenが待ってます。

Ken。。。。引きこもらずに・・・。

0 Comments

Add your comment