Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンがオーディションに行くの巻

30分、豪雨に打たれる決断ってできます?
30過ぎのおっさんには厳しい決断です。
徒歩なら、10分くらいの距離が限界でしょ。がんばるけん。

でも、自転車なら不思議とその決断も簡単で

昨日、イギリスにしては珍しく
日本の雫のような大粒が
かなりの時間ずっと降っていた。

もう9時過ぎには太陽が沈む時間で
夜の帳が大団円をつむぎだす。

上品な街灯が、雨に打たれて綺麗に光る。
洪水のように道路にあふれ出した水溜りの上を
小学生のように水しぶきの中、自転車で通る。

見慣れるようで、見慣れない西洋の美しい雨の夜。
ちょっとした異空間のような、見慣れたロンドン
雨のロンドン
雨に打たれた30分
雨にノマレタ自転車の旅


何が言いたいかというと、
ビッタビタで帰った後、頑張って先日の一人芝居をアップしました。
今回は実験的な部分もたくさんあったので、全編アップしてます。
約6分ほどの一人芝居。

ぜひ覗いて見てください。

感想、お待ちしてます。
↓をクリック
【A story about the time Ken went to an audtion】
performed by KEN(Gencoo Ashizawa)

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。