Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

ロンドン・リッチモンドでパーチを狙った9月12日の釣り

お気に入りのドックらへん

というわけで行ってまいりました。リッチモンドへの行脚。前回の反省を経て、9時頃に到着。それでもまだ少しルアー釣りにはならないくらいの水流で、河童も流れるよ、コレは。てな具合。

ちょうど10時を過ぎた辺りでロック(水門)が閉まり、水流がほぼ停滞、さらに今までは砂が舞い上がっているような水だったのが、深緑に透き通る、いかにも水深がありそうな色合いに。なるほど、これからは10時釣り始めでちょうどいいのかもしんないと一人で納得するやいなや、ヒット。あがったパーチは20cm弱。借り物のロッドはトラウト用なので、それでも十分、ワクワクがとまらない感じの引きです。
20cmじゃくのパーチ

合計で3箇所ほど今、お気に入りのスポットがあるのですが、その中でもロックのすぐそばに、小船を連結できる小さな梯子場があるんだけれど、そこに大物が潜んでそうな予感が漂ってます。今度はそこらへんをくまなく狙ってみようと思っているわけです。

しかしながらしかしながら、借り物のスピナー、しかも、デビュー戦を飾ってくれたスピナーちゃんを地球を釣って失う羽目に(すまん、ショータくん)。さらには、3回ほどバイトがあったものの、水面間近でバラしてしまうという、なんとも情けない結果に終わってしまいました。

なので、リッチモンドにある前から気になっていたフィッシュ&チップス屋で、ランチをしてジェラート屋さんでアイスを平らげて(おいしかったぉ~、常連になりそうです。)その足で、前に出会ったおじさんに聞いていたシーン(Sheen)というリッチモンドからバスで10分ほどの釣具屋さんにルアーを購入しにいきました。

これでもう、明日の準備は万全です。
リッチモンドのじぇらーと屋シーンの釣具や



にしても、今まで9時ー5時で働き、その後はお芝居と、なんだかんだでなかなかうまい<ガス>抜きを見つけることができてなかった僕にはとても良いスポットに、釣りがぴったりはまりつつあります。(サッカーもするんだけど、どうしても、趣味~って感じで純粋に楽しめないんだよね。)

ちゃんと、頭を空っぽにすることができるんだよなー。

頭空っぽのほうが夢詰め込める♪らしいので、これを機会にしっかりと詰め込みたいと思ってるところです。


ちなみに来週水曜日16日のパフォーマンス。今日、プロデューサーから連絡があってキャンセルになりました。イベントそのものがキャンセルです。3日前キャンセル、ありかよオイ。ってしゃーないね、それが今僕のいる層なんでしょう。【固定】にしてなくてよかった。【固定】2連荘でキャンセルとかものっそいヘコんでしまいそうなので・・・。


でも土曜日のハックニーエンパイアは、大丈夫。
劇場主催だもの・・・と首を長くしてフライヤーを待っているところです。早くまともな【固定】デビューしたい・・・。

0 Comments

Add your comment