Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHITE OUT

White out

あらすじ:

過去のトラウマを抱えながらも、北極のアメリカ研究施設で警備役員として働くキャリー(ケイト・ベッキンセール)。死体があがったという報告を受け、現地に赴いてみるも、不可解な事が多く、一方で秘密を知るものが一人また一人と殺害されてゆき・・・

ちょっと文章力はないですが、
いっぱんのあらすじ的なものを書いてみました。

ダメだ。。。やっぱり僕はこういうの苦手だし下手くそです。

やっぱり僕なりに。

さて、映画草子、、、徒然と。

【White out(原題:ホワイトアウト)】

Directed by: Dominic Sena
Produced by: Joel Silver/Susan Downey/David Gambino
Screenplay: Jon Hoeber/Erich Hoeber
Graphic novel: Greg Rucka
Starring: Kate Beckinsale/Gabriel Macht/Columbus Short/Tom Skerritt



冒頭のケイト・ベッキンセールの登場シーン、デパルマのオマージュのようなワンショット、ノーカットシーン。なるほど、色んな意味で色んなものを含んでいる登場シーン、ふむ。

○○のシーン、ふむ。

△△のシーン、ふむ。

■■のシーン、ふむ。

とても寒い寒い公園の砂場で、間接が筋肉が勝手に痙攣してしまうほどの寒さの中で、一生懸命砂のお城を作っています。思うようにつくれなくても、何度積み上げても、つんざくような風や、指先の痙攣でどうしてもお城が崩れてしまう。崩れてしまってもいいじゃない、そこまで来たんだもの、ここまで来れたんだもの、でも。でもね。

あなたの身体はどこにいるのですか。

あなたの視線はどこに向かっているのですか。

あなたの心はどこにあるのですか。

極寒の地、たくさんCGもつかってるけど、実際のところ、スタッフ抱えて、ロケして
っていうのを全部含めるといったいどれくらいのお金がかかってるだろう・・・。

ケイト・ベッキンセールは本当に綺麗ですね。僕も大好きです。特に動いている彼女はとても素敵です。極寒の地でも、ホワイトアウトに巻き込まれた後も綺麗なお化粧で・・・。

トム・スケリットといえば、僕はもう、【トップ・ガン】のヴァイパーですな、マーベリックを見守り続ける渋い教官。はじめは誰かわからないほど、お歳を召してらっしゃった。そりゃーそうだ。【トップ・ガン】って20年以上も前だもんね。たんたんとしているけれど、何かがにじみ出ているようなお芝居がほんわり作品で光ってました。

ケイト、可愛いです。

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。