Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AVATAR

AVATAR

Avatar見てきました、3Dで。

ホームシアターシステム、海賊版、オンラインからの無料ダウンロード等、劇場運営を危ぶむファクターが氾濫する中、新しい映画館の方向性としての道標を提示した良い作品でした。3Dで映像が見れるテレビが徐々に姿を現しつつありますが、3Dグラスをかけてちょっとした非日常に飛び込むには、自宅ではあまりにも・・・そして、3Dであればあるほど、劇場での大画面臨場感が必要になることでしょう。


詳細は・・・・書くまでもないですね、大作なので。。。
なのでとっても簡単に。。。

さて、映画草子、、、徒然と。

【Avatar(アバター)】
Directed/Produced/Written by:James Cameron
Starring:Sam Worthington/Zoe Saldana/Stephen Lang
Michelle Rodriguez


とってもとっても、か細い小さな木に

尋常じゃないくらいの葉っぱを人工的につけてみました。

今までに見たことがないような木ができました、

葉の重みで今にも倒れそうにふらついている。


映像と臨場感がマッチして初めて成立する物語なので
興味のある人は必ず3Dでそして映画館で見ましょう。
そうでないと映像と内容が頭の中で分離して、楽しくなくなっちゃいます。


「遊園地に新しくお化け屋敷ができたんだって」

「今までみたいに人形が脅かすんではなくて、本当の人間がお化けを演じてるらしいよ。」


A「うわぁー、怖そう・・・。」

B「へー、でもそれってお化けじゃなくて人間なんでしょ」


Aの方、この作品はあまり向いていないかもしれません。
Bの方、絶対に映画館でそして3Dで見てください。




もしかすると今後は映画館は映画を鑑賞する場所ではなく、
遊園地のアトラクションのように体感する場所になっていくのかもしれませんね。

でもね・・・メガネに3Dメガネって本当に着心地悪いんだよね・・・。

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。