Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

オックスフォードでパーチを追いかけて。

Title of the fishing trip to Oxford

またまたご無沙汰の更新、アシザワゲンクウです。最近は諸事情によりお芝居ごとから少し離れています。忍耐の時期、だと理解しながら頭の中で少しずつ、少しずつリハビリしています。週末までもが忙しく、なかなか思うように時間をすごせなかった中、先日、念願のOxfordに釣行してきました。

詳細はショウタくんのブログで是非。

ってすぐ投げちゃうんだよね、僕。だって、釣りは大好きだけど、知識だったり表現だったり説明だったりはからっきしの素人。ということで釣りの詳細はね、ホント、ショウタくんのブログで見てもらった方がいいと思うのよ。


ということで、僕の内容は感想文形式で語らせてもらいます。

11月19日土曜日、天気は曇り、予報は雨、でも僕が晴れ男なので、雨は絶対に降らないでしょうという条件の下、オックスフォードに向かいました。

観光ですらオックスフォードには行ったことがないのに、初めてのオックスフォードが釣行、で、結局一切観光はしていないというなんとも贅沢な一日になりました。(あー、また観光でも行きたいなぁ。でも釣りするんだろうけど。)

ショウタくんに「ここ釣れる(爆釣)」といわれる場所に連れて行ってもらったものの、ことごとくその場の実績をぶち破り、坊主をたたき出している僕に残された最後の聖地、としてやってきたオックスフォード。

でもね、やるときはやるわけですね、ていうか遠征には強いのかもね、僕。
数投目で、自己記録更新、37cmのパーチ。うん、モンパチ。
あ、でも40cm超えてないからコモンパチ。

First big perch ever before

これにはものっそいテンションがあがる僕。だって、久しぶりだもの
ちゃんと、「釣ったどー」といえるような感覚と型。テンションだだ上がりです。

でも、もうちょっとビッグファイトを予定していた僕からすると少し期待はずれ、若干ですが、「釣ったどー。」よりも「回収したどー。」の感覚が手に残る始末。

(贅沢だっつーの、今までの最高は30cm弱だったくせに。)

こうなってくると、調子にのるのる。
ショウタ君とヤスさんから「パイクも出るよ」との話を聞いたもんだから
今まで一度も釣ったことがないパイクを釣りたくて釣りたくて。

ショウタ君が釣ったのを何度かみたことはあるんですが
あの感覚と戦いを自分の手で味わいたいという衝動にかられるわけです、ハイ。

でね、そしたらね、どどーん。
ほらきた、どう?ついてる僕、今日、うん。

人生初パイク
First pike in my life

その日はさらに良い型のパーチをもう一匹とモンチャブ(どでかいチャブ)を釣るというなんとも素敵な釣果になりました。でも、一日本当に楽しかったです。また皆で一緒に釣りに行きたいです。近々またオックスフォード行きたいです まる。

Monster chub



いやはや、釣りって楽しい。んで、釣りのこと書くの難しい。
なんつーか、釣りのこと考える時って、頭の中が流動的でないのよね、残念ながら。興奮しすぎだな。

海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 役者へにほんブログ村 演劇ブログ 海外演劇へ

0 Comments

Add your comment