Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・ロンドンで活躍している日本人演者

Mamoru-san performance

実は以前にもご紹介させて頂きました。
バックグラウンドとしてもっている舞台美術力を生かしたパフォーマンスアートでロンドンで活躍されている日本人演者さんです。

何故、今頃またこのタイミングで紹介するのかというと、実はマモルさん2009年度のイブニングスタンダードという新聞社の舞台賞 (Evening Standard Theatre Awards)で舞台美術賞を受賞しているのです。ずっとブログに書こう書こうと思っていたのですが、何故か、なんだか、今になってやっと書くことになりました。2009年のことだし、2011年になるまでに書きたかったのか、それとも自分の戒めか・・・後者でしょうね。



BEST DESIGN
Mamoru Iriguchi for Mincemeat


建物ひとつを劇場として、一つ一つの部屋をシーンとして、観客はシーンにあわせて建物を移動するというもの、っそい興味深い舞台です(残念ながら観に行く事はできなかったのですが。)。賞というのは結果を評価されたものに過ぎないけれど、この受賞は本当にすごいことです。できるだけ多くの皆さんに、こうやって異国の地で活躍している日本人がいるということを知ってもらえらたらなと思います。今だから、このネット世界で世界の距離が短くなっている今だからこそです。




2011年は僕にとって新しい世界の幕開けになると思っています。
まだまだ未知の世界に、未知の人たちに遭遇することになるのでしょう。

2010年は本当に苦しい一年でした。腰痛から始まり、精神的にも肉体的にも、本当に厳しい一年でした。しかしそれも、やってくる【アシザワゲンクウ2011年、未知との遭遇】の為の布石だったのかもしれません。

この一年、辛くなるとよく言っていた言葉があります。

「A nightmare will definitely end but I just don't know when. And then my dream will definitely come true, it's just a matter of when.」
(悪夢は必ず終わる。単にそれがいつかわからないだけだ。そしてそれから、僕の夢も必ず叶う、単にそれがいつになるかだけだ。)


げんきでやってるよー0-0


ロンドンで活躍する活動する役者、アシザワゲンクウも、その名を活動ではなく、活躍に列ねられるように、決意を込めて、2010年最後のブログにさせて頂きたいと思います。


皆様、2010年本当にお世話になりました。

何だかんだで

僕は「元気でやってるよ。」

みんなも「元気でやってけよ。」


海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 役者へにほんブログ村 演劇ブログ 海外演劇へ

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。