Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

HANNA(邦題:ハンナ)

Hanna

CIA、MI6、KGB、モサド、公安、社会の裏で政府の密命で暗躍する組織、男子はあこがれるもんなんすよね、漫画だってしかり、マスターキートン、攻殻機動隊。

秘密、精鋭、国家このキーワードがそろうだけで、リアルなファイナルファンタジー的興奮、ロトの剣をもって、ゾーマを倒しに行くような正義感がフツフツとわいてくるわけです、あら不思議。

男子はそーいうのが好きでね。

そういう意味ではこの作品はそれが女子ってところが面白い、女子にさせるところが面白いなと。
それに、シアーシャ・ローナンがもうね、可愛いのなんの。【ラブリー・ボーン】の時も可愛さが余って憎いわけないってなくらい可愛いかったわけです。

さて、映画草子、、、徒然と。

【Hanna(邦題:ハンナ)】

Directed by:Joe Wright
Starring:Saoirse Ronan(シアーシャ・ローナン)/Eric Bana(エリック・バナ)/Tom Hollander(トム・ホーランダー)/Olivia Williams(オリビア・ウィリアムズ)/Jason Flemyng(ジェイソン・フレミング)/Cate Blanchett(ケイト・ブランシェット)


90年代に多く見られたよーな作品の典型のような気もしました、いい役者で固めて流れるよーな作品を作る。

滝が流れるのをボーっと眺めているような、川の流れの激しい部分をずーっと眺めているような、そして、後ろから肩をたたかれる、「そろそろ帰らない?」そこに感傷はありません、素直に「うん。」っていえるわけです。

別に特別な余韻もなく、数日後、そういえば、滝みてたなーって。誰かが聞いたとします「どんな滝だった?」、答えれないんです。「んー、そういえば、滝が流れ込む滝つぼばっかりに目がいってたから。」どんな滝かを答えれない。でもね、少なくとも、ずーっとその時は見てた、滝を。

そうなんです、それが娯楽の原始の形だと・・・僕は思います。




地の上にあるあまたの路が通じている
しかしすべての路の行く先はただ一つ
君は二人つれ、三人づれで馬の船・車で旅ができる
だが、最後の一歩を君はただ一人で歩かねばならない
それゆえに、知識の能力のうち一番いいのは
すべて困難な事柄を自分独りでやることだ
(独り)


にしても、ここまでできれば超を何個つけてもいいくらいの一流だけどね。

海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 役者へにほんブログ村 演劇ブログ 海外演劇へ

0 Comments

Add your comment