Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

【Beginners(原題ビギナーズ)】

Beginners
久しぶりの映画草子(エイガノソウシ)。なんでこんな名前をつけたのか思い出してみようと思ったのですが、これが思い出せない。確実に枕草子からとってるんでしょうが、なんでなんだろ。別に枕草子に対し、特に思い入れがあるわけでもなく---と思い、一番最初の映画草子の投稿ブログを読んでみました。ふむふむ、何のヒントもない。4年も前にことだし、でも文章を読めば何かふつふつと蘇ってくる感情とか感覚があるかなと思いきやない。。。あるとすると、稚拙な自分の文章力にちょっと恥ずかしくなる程度で。

まー、とにかく、今までの投稿数64・・・4年ちょっとで64本・・・一年間に16本でも、全部が全部映画の話ではないから計算すると、1ヶ月に1本・・・すくねぇ。まぁ、実際に鑑賞したもの書くに耐えない映画、書いてない映画も多々あるにしても、少ねぇ。。。

悪い癖でちょっと忙しくなると、足が遠のいてしまいます映画館。

今まで書いた映画草子の中にはまったくもって面白くもないけれど、一応大人として大人の理由でちゃーんと書いたものもあります(それでも批判はわかりやすいって?)

でも、今回のビギナーズ。

ひっさしぶりにものっそーーーーーい良い映画を観ました。僕の近所の映画館はいわゆるシネコンで、いっぱいスクリーンはあるんですが、3分の1はボリウッド映画、それ以外はいわゆる商業映画なわけです。でもゴーアンリイミテッド(月2500円くらいで見放題)なので足を運ぶ映画館はそこくらい。

日本でいうところの単館映画が恋しかった僕には、この絶妙にバランスの取れた作風はたまりませんでした。
なんてったって、メラニーちゃんが可愛い。作品の中の彼女を見ていると本当に胸がキュンとなってしまうくらい。

今まで自分の好みは、と聞かれると常にブリジッド・フォンダの名前がが口からもわっと気持ち悪いくらいの賛美とともに飛び出してきたのですが、これからはメラニー・ロランになります。10年ぶりくらいに入れ替わりました。すっげー、これすっげー。

あんまり、コトバで作品を語るって基本的にはよろしいことではないと思っているんですが、ある作品にいたってはそれをやってはいけない場合ってのもあります。この作品はその一つだと思います。シックス・センスのような落ちがあるから、うんたらかんたら、そういったことじゃなくて、なんというか、んーーーーーーーーーー。

これみて↓




ね、この雰囲気をコトバで語りたくないんです。コトバで語らなくちゃいけない職業に僕はいるわけではないので、それに触れたくないんです。日本公開はまだ決まっていないようですが、ばっちりお勧めします。あー、映画だ・・・。

【Beginners(原題:ビギナーズ)】
Directed/Written by:Mike Mills(マイク・ミルズ)
Starring:Ewan McGregor(ユアン・マクレガー)/Christopher Plummer(クリストファー・プラマー)/Mélanie Laurent(☆メラニーロラン☆)

・・・それでは、映画草子、徒然と・・・でした。

今月末22日~のオーストリアに向け、現在台本書いてますが、相変わらず遅れてます。あーあ、出てこないときは出てこないもの。出てきては消えて、消えては出てきて。ある種自転車操業ですが、少しずつ、少しずつ、形になってきている気はします。あー、まだ形にはなってないかー、んーーーーーーーーーー、生まれてきてます。これが正しい表現だね。

頑張ります。

それと、ウェブサイト更新しました。新しい写真をちょっとだけアップしたのでまたみてみてね!
http://www.gencooashizawa.com/#!photos

海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村 演劇ブログへにほんブログ村 演劇ブログ 役者へにほんブログ村 演劇ブログ 海外演劇へ

0 Comments

Add your comment