Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

【Headhunters(邦題:ヘッドハンター)】

headhunters

どうも、こんにちは。これ2回目です。
もちろん、みなさんにとっては1回目、今週初めてのLeoからの『こんにちは。』だと思いますが。

んー、どれくらいかなぁ。…はぁ、どれくらいだったかぁ。ふぅ、結構面白く広がってたのになぁ、はぁ。結構時間かけて書いていた文章がアクシデントで消えてしまいました。普段は便利なトラックパッド、こういう時は呪いたくなります。

しかもこのブログに限っては書く時に構成を考えたり、書く内容を考えたりしていません。
書きながら広がっていく思考と妄想を取り留めつつ文章に起こしているので、書いている文章は一度きりのもんなんです。なので、せっかく書いていたお話ももうちゃんと思い出せません。


手書きのありがたさをしみじみ感じます。それに手書きをしていれば、もうちょっと書いた事が頭に残ってるんだろうからね。頭の思考速度と手書きには結構な差があるけど、タイピングと思考速度の差はかなり少ないからなぁ。


エッヘンっ。簡単にいうとこんなことを書いてました。
楽観と悲観について。ポジティブ思考とネガティブ思考を経て、アウトプット状態とインプット状態になり、正と負のスパイラルが起きるが、物理的重力のように精神にかかる負荷が、残念なことに上昇に限度を与え、無情にも下降を無限に促す。でも、人には生命としての火事場のクソ力があるので、ドンと押し上げられる。だから、どんなことが起きたとしても、それを後付けし、正当化し、真に思い込める僕は、やっぱり楽観主義者なんだと。人は基本的に楽観的だ。ただし、世の中に楽観主義者は数多くない。そして、人は悲観的にもなるが、悲観主義者は存在しない。この落下主義と悲観主義は、社会の中でのみの人の生き方を表現する時にのみ、言葉として意味をもつ。

いやー、本当にまとまった。みなさんにはなんのこっちゃでしょうが。また書けそうになったら、いつか書きます

そして、これが本作品、Headhuntersのお話に少し関わってきます。

そんなこんなで、映画草子、徒然と…。

【Headhunters】
Directed by:Morten Tyldum
Aksel Hennie as Roger Brown
Nikolaj Coster-Waldau as Clas Greve
Synnøve Macody Lund as Diana Brown


大なり小なり人が抱える不安はあり、何に対してより多くの不安を感じるかも千差万別。だからそれを解消する為の手段も、もちろん十人十色。些細なコンプレックスから始まる負のスパイラルが、もう止まらないところまで来た結果、さらにその深淵が大きく口を開ける。奈落の底に転がり落ちていきながらも、人がもつ生命力がキックバックとなり、再び戻ってきた時には、自信と興奮がアウトプット状態を招き、ポジティブ思考が根源のコンプレックスすら、解消する。チビがなんだってんだ!







ノルウェーの作品です。話の流れも、作品の雰囲気も、演出も、脚本もちゃーーーーーんとしてます。こういうちゃーーーーんとしてる作品にはなかなか出会わないので、出会うと純粋に笑みが溢れます。後は、Hollywoodがリメイク権を購入しない事だけを祈ります。


äCäOê∂äàÉuÉçÉO ÉCÉMÉäÉXèÓïÒÇ÷Ç…ÇŸÇÒÉuÉçÉOë∫ ââåÄÉuÉçÉOÇ÷Ç…ÇŸÇÒÉuÉçÉOë∫ ââåÄÉuÉçÉO ñé“Ç÷Ç…ÇŸÇÒÉuÉçÉOë∫ ââåÄÉuÉçÉO äCäOââåÄÇ÷



0 Comments

Add your comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  まとめtyaiました【【Headhunters(邦題:ヘッドハンター)】】
  • どうも、こんにちは。これ2回目です。もちろん、みなさんにとっては1回目、今週初めてのLeoからの『こんにちは。』だと思いますが。んー、どれくらいかなぁ。…はぁ、どれくらいだったかぁ。ふぅ、結構面白く広がってたのになぁ、はぁ。結構時間かけて書いていた文章が?...
  • 2012.05.13 (Sun) 09:13 | まとめwoネタ速neo