Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1200円~1500円

日本円に直したイギリスでのタバコ一箱の値段です。

来る7月1日(6月かな!?)以降
イギリスでは公の場所(道路はok)でタバコを吸うこと違法になります。
バス停はもちろんのこと、オフィス、レストラン、・・・パブもです。

煙に塗れた酒臭い豪快で気楽な憩いの場<pub>
そんな場所ですらタバコを吸えないってのは一体全体・・・。

クリーンなパブ。もはやそんなのはパブじゃない。
ってのがもっぱらなイギリス人の意見。

タバコの煙が嫌な人はパブではなく、バーで飲め。わざわざパブに来る必要はない。
これまた、もっぱらなイギリス人の意見。

そして非喫煙者も結構、同意してるよーですね。
まぁ、僕自身もパブ以外の場所を禁煙にするのは良いことだとは思います。

そう。パブ。映画「スナッチ」の舞台にもなったパブです。

しかし

実は今、僕。
基 本 的 に 
タバコ吸ってないです。
あぁ、愛するLucky Strike。あぁ、愛しいzippo Little foot。

ご承知の通り愛煙家です。僕。
ただ、言ったように
基 本 的 に
です。

基 本 的 に というルールはですね・・・以下です。

theme<ニコチンには負けないっ> 真のタバコ愛

これです。これ。ニコチンの野郎には左右されたくないっ。
本当に吸いたい時にこそ吸うのだっ。

例えば~っ

その① ものっそい楽しくお酒を飲んでる時
その② 景色の綺麗なパブの外ベンチで気持ちいい陽気に冷たいビールを飲むとき。
その③ 公園で寝転がったり、自然に触れている時、そう!大自然に触れている時
その④ とにかく心地よい時。
こういう時のタバコはマジ旨いんだよなぁ。。。

するとどうでしょう。習慣では吸わなくなりました。
そして逆に「もう一生吸わないっ」ってわけでもないので
禁煙してる人のイライラとかもありません。ごくスムーズに。

いい感じです。
辞められない人の言い訳とか言わないで下さいね。
別に辞めたいわけではないので★
一番の理由は・・・やっぱり高いもん・・・タバコ。

日本でもやっぱり厳しくなってきてるんですか?喫煙者待遇・・・。

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。