Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

頂へ

高く・・・

「unit notch」
懐かしい響き。この名前を口にしたのはいつぶりかね。

お前の一言
「興味あるんやろ?舞台の上に乗ってみるか?」

これがすべての幕開けだった。

芝居に興味を持っていた俺にそう言ってくれた高校のツレとしてのお前
そして始まった劇団活動。今やもう誰も覚えてもいないunitだろうが
そこで色々なことを学んだ。<特に役者論に関してはお前から得たものが多いと思うよ。>

時は経ち、俺は決めかねていたもう一つの夢、考古学者を目指し
学問の道に入った。どちらが自分にとって一番大切なものなのか。
同じ高さまで登って始めて、どちらか決めようと思って。

その時も、お前は悩みながらも進んでいた。
「好きだから、趣味でもいいじゃないか。」そう思っていた時期

俺たち共通のあるクラスメートが日本では俺らの世代誰もが知ってるくらい有名なmusicianになった。

きっかけとは色んな所に転がっているもので、色んな状況が相まってお前

選んだ。

そこで生きていくことを。

さらに時は経ち、
自分で選んだイギリスでの役者の道に
なかなか辿りつけぬことにヤキモキしてた俺に、よく言葉をくれたライバル役者としてのお前

役者としての活動を行っていない俺をずっと、役者として見てくれていた唯一のお前

我武者羅に客演で場数を踏み
念願の事務所にも所属できた。

論理的思考で、自分に必要なもの、自分で今すべきことを見出していた。

そして、今。
俺は、ここで。
お前は、そこで。

まだまだ、先に進まれているけど、いつか頂でな、新旧

京都テレビ「GO GO ポッピン」たかしお兄さんとして朝の顔になった今。
見え隠れする獣道。突き進もうでないかい、なぁ。

GO GO ポッピン

<しっかし子供番組のお兄さんとかぴったりやなぁ>
☆みんな見て、飛んで、書き込んでね☆


誠に誇りを。

4 Comments

たかし  

懐かしいね。
俺は3回しか見に行ってないけど、すごく楽しかったよ。
そうそう、あんちゃんが京都の個室のお店特集でモデルとして
撮られていた雑誌が最近でてきたよ。
でも、若いね。俺らも歳をとった??

2007/04/15 (Sun) 14:05 | EDIT | REPLY |   

gen  

そっかー。ありがとう。3回も見に来てくれてたんな。
モデルって・・・アレか・・・。懐かしすぎる・・・。ってかまだ持っててくれてたんかいな・・・。ありがたいなぁ。
それにしても・・・そりゃぁ、年とるわな・・・・。

2007/04/15 (Sun) 20:44 | EDIT | REPLY |   

関敬  

ありがとう。

約束どおり共に頂で会おう。

誠に誇りを…

2007/04/17 (Tue) 02:33 | EDIT | REPLY |   

gen  

>関敬
あぁ、もちろん。

2007/04/17 (Tue) 14:20 | EDIT | REPLY |   

Add your comment