Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jack Reacher

ジャックリーチャー

今日はさくっと映画草子、徒然と・・・。

【JACK REACHER(アウトロー )】
監督:クリストファー・マッカリー
出演者:トム・クルーズ/ロザムンド・パイク/ロバート・デュヴァル


メディア(Media)って複数形ってしってた?
単数形はミディアム(Medium)っていいます。そう、「中くらい」と同じ。
その他、霊媒師のこともMediumっていいます。

知らないところ、使わないところで、実はそーんな意味があるんだ、ってのは
英語にはよくあることです。

さて、あるところで事件がありました。通り魔殺人で10人が殺されました。
ニュースで連日報道されます。

<彼は過去に何度も警察の世話になったことがあった。>
(喧嘩の救済に入ることが多かった)

<彼はあまり友達がいない。>
(本当に仲のいい友達が2,3人)

<「人を殺すってどういう気分なんだろうな」と言っていた。>
(飲み会の席で最近話題の殺人事件の話題になった)

<彼が夜な夜な徘徊するのが目撃されていた。>
(彼の家で飼っていたよく失踪する妙齢の猫を探していた)

人はこの連日報道される<ニュース>で彼に対する完全なイメージを作り上げ
あたかも、自分がその人のことを知っているかのように思考し始めます。

人によっては怒りを覚えることもあるでしょう。


ペンは剣よりも強し。


数ヵ月後、新しい事実が報道されます。

彼は犯人ではなかった。真犯人がつかまった。

すると人は手のひらを返すでしょう。


ペンは剣よりも強し。


何と用意に扇動される生き物なのか。
メディアを通して知った出来事を、いかほど、信じるのか。

みーんな心のどこかでは、メディアは都合のよいもの、アイキャッチーなものを報道すると
思っているものの、神の一息のごとく、その考えも大きな出来事の前には吹き飛ばされてしまう。

もちろん、当事者で無い限り、真実を知る事はできない。
当事者でもできないかもしれない。

ただ、かなりの可能性で事実であること、それは10名が殺されたということ。

この事実はかなりの可能性で真実に近い。

加害者の起した事実は真実である可能性は
もはやニュースをこちら側で観る僕たちにはわからない。

加害者に注目を集めても真実に近づかない。
被害者に注目を集めることこそ、真実へ近づく道である。



トム・クルーズはドッペルゲンガーのごとく自分がどのように見えるのか
どう見せるのかをしっていて、観客が何を見たいのかもわかっている。
客観視にすぐれた役者さんなんだろう。

おそらくスターと呼ばれる人たちは皆、この能力に長けているんだろう。

äCäOê∂äàÉuÉçÉO ÉCÉMÉäÉXèÓïÒÇ÷Ç…ÇŸÇÒÉuÉçÉOë∫ ââåÄÉuÉçÉOÇ÷Ç…ÇŸÇÒÉuÉçÉOë∫ ââåÄÉuÉçÉO ñé“Ç÷Ç…ÇŸÇÒÉuÉçÉOë∫ ââåÄÉuÉçÉO äCäOââåÄÇ÷

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。