Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

Django Unchained

Django Unchained

またまた、ご無沙汰しています。葦沢リオです。

ロンドンはちょーっとずつ暖かくなってきました。

ロンドンで今でこそ当たり前になっているOyster card(オイスターカード)。

SuicaやIcocaと同じようなものですが、大きく違うのは(僕の知る限り)、オイスターカードを使用して電車やバスに乗車すると、運賃が約半額になります。逆に言うと普通に切符を購入すると、倍額かかるわけです。例えば、「たまたまバスに乗ろうとした時にオイスターカードの残額が、バス乗車賃に満たない場合、乗れない、または、正規の値段を払うことになる。」わけです。

今はさらに一歩進み、銀行のカードがオイスターカードの役割を果たすので、どんどんキャッシュ離れが進んでいます。お金がデータに。データになるということは・・・今日はこういう話はなしで。

で、こないだ5、6年使用していたオイスターカードがリーダーを読み取らなくなり、使用できなくなり寿命を迎えました。もちろん、そのカードに残っていた残金は新しいカードに転送されます。うーんデータ。

今までのオイスターカードはこんなでした

普通のオイスターカード



そして新しくもらったオイスターカードが、こんなの


150周年オイスターカード

去年はエリザベス女王即位60周年記念のオイスターカードだったりと、イベント毎に合わせてオイスターカードのデザインは一新されます(普通のがよかったなー。)

で、この新しいオイスターカードをもらった時に「150ってなに?」ってなったわけです。

で、調べてみると、なんと地下鉄が開通してから150周年記念だと。
(しゅうねんって執念に変換されました。確かにここまで来ると執念だな。)

つまり1863年に最初の地下鉄が開通したということです。
18世紀後半から19世紀中頃にかけてイギリスで興った産業革命。


日本では大政奉還もまだ行われていない江戸末期、新撰組が結成された年です。
アメリカではちょうど奴隷解放宣言が出された年です。


その頃は今と違って世界の交流に時間がかかったため、世界の至る所で本当に違ったことが起こってたんだなって。
地下鉄が走ってうわーって言っている世界の反対では、黒人奴隷が馬にまたがる白人に追い回されていて、日本では武士が闊歩していた。


それが今では広い世界が、望みさえすれば狭くなる。ただ、世界は狭くなっているけれど、人と人との触れ合いにはどんどん溝が生まれてしまうのも仕方ないのかもねって。


あるところに青年がいました。彼には実の母を知りません。ずっと育ての母が彼を大事に育ててくれていました。彼女が末期がんと診断されたのは数年前。彼は毎日、通勤電車に揺られ、朝病院に顔を出してから職場に向かっていました。ある大雪の朝、彼はいつものように駅に向かいましたが、プラットフォームは人であふれています。少ししか面会時間のない彼は、何とか電車に乗り込もうとしました。電車のドア付近はギュウギュウで、人が乗る余裕は無いのですが、奥の座席付近にはまだまだ余裕があります。「つめてください」と叫びますが、誰もつめてはくれません。座席付近で、携帯を触っている紳士は聞こえているであろうに、見向きもしません。結果、彼は電車に乗れず、面会に行けませんでした。ちょうど、彼があきらめて会社に向かっている間に、育ての母は静かに息を引き取ったそうです。携帯を触っている紳士は、電車の広告にあるチャリティー団体へ携帯で寄付をしていたようです。

電車の広告チャリティー


オンラインによって世界が広くなると、人は自分が本当に何をしているかわからなくなるんだよね。自分と世界がどう繋がってるかを考えなくても色々できちゃうから、繋がりってものが逆に希薄になっていくことに本当に気づいてないんだよね。

チャリティー大国イギリス。とても素敵な事ですが、チャリティーとはいったいどういうことなのか、考えずにチャリティーをしている人が多いからこんなことが起きるんでしょう。


現在撮影中の映画、『All That Remains』
僕の務める永井隆さんは浦上の聖人とも呼ばれる方で、闘病生活の中、平和を訴え続け、たくさんの手記を残されました。

永井さんのもとには多くの手紙や贈り物が届いたそうです。彼は丁寧にいつも、返信をされていたそうです。


「誠一や茅野に贈り物を頂き、ありがとうございます。しかし、戦後の今、このような贈り物を必要としているのは私たち家族だけではありません。周りをご覧ください。茅野へ服をおくってくださる気持ちで、隣人の娘さんに服を差し上げてください。」


期待と見返りを求める自己満足、あーあ。


先日、映画の公式予告が公開されました。
是非是非、覗いてみてください。



そんなこんなで、映画草子徒然と。

【ジャンゴ 繋がれざる者(Django Unchained)】

監督/脚本:クエンティン・タランティーノ
出演者:ジェイミー・フォックス/レオナルド・ディカプリオ/クリストフ・ヴァルツ/ケリー・ワシントン/サミュエル・L・ジャクソン


輪ゴムを引っ張って、引っ張って、引っ張って、どんどん伸びて、伸びて、伸びて、それがいつ放されて「バチン!」ってなるかわからないドキドキ感と、それを絶妙のタイミングで放すタランティーノ節がいかんとものなく発揮されているのが本当に素敵な作品。





やっぱり世界は広い。

何か支離滅裂ですみません。。。


äCäOê∂äàÉuÉçÉO ÉCÉMÉäÉXèÓïÒÇ÷Ç…ÇŸÇÒÉuÉçÉOë∫ ââåÄÉuÉçÉOÇ÷Ç…ÇŸÇÒÉuÉçÉOë∫ ââåÄÉuÉçÉO ñé“Ç÷Ç…ÇŸÇÒÉuÉçÉOë∫ ââåÄÉuÉçÉO äCäOââåÄÇ÷



0 Comments

Add your comment