Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐竜

元気でやってますか。どうも、葦沢リオです。

日本は梅雨だね、今頃は。ロンドンはちょうど今日あたりから、夏の気配を感じます。天気予報ではどうやら来週は30度を超えそうです。

weather forecast


とはいえ、ロンドンの天気予報はあてにならないので、前日にいきなり「え?そうなの・・・。」なんてことも多々。

太陽をアプリシエイトします、とても。日本ではアマテラス大神の太陽信仰があるけど、イギリスにはない(僕の知る限り)。あっていいのになぁ。みんな太陽を待ち焦がれてる。

今年はあまり雨が降ってない気がするので、もしかすると夏になったら、「水不足なので、植物の水やりを節約してください。」というお触れがまた出るかも、数年前みたいに。

5月はそこまで忙しくなったんだけど、6月はお陰様でバタバタしてます。また撮影に入っていんるだけど、【All That Remains】同様、白血病を患っている役で、しかも今回の監督さんの撮影映像はとてもリアリスティックなので、体重を落としました。1週間でかなり。炭水化物をとらず、あまり食べず、1週間で5kg強を。

脂肪が削げ落ちて(ちょっと筋肉と共に)、自分がどんどん細くなってくのを感じると同時に、体が驚くほど軽くなる。で大変だけど、感覚が敏感になる。これはこれでよし。炭水化物って甘いんだ。久しぶりに食べると。色んなことが勉強になります。


またここでも、その作品をお知らせできたらって思ってます。


そういえば、こちらでは【Jurassic World】が封切りになりました。








スポーツは大好きで、サッカーもWandle City FCというチームを作って、毎週ボールを蹴ってるんだけど、かといってプレミアリーグを噛り付いてみるかというと、そうでもなくて。ゲームは大好きだけど、隙あれば趣味のようにやるわけでもなくて。人に「趣味とか興味あることって何?」と聞かれるととても困る。映画みたり、舞台を観に行ったり、本を読んだり、色んなことをするんだけど、クレイジーなくらい好きかと聞かれると困る。

そんな僕が唯一、とても、とても興味があって、たまらないこと。


「恐竜」


これにつきる。

物覚えの悪い僕だけど、恐竜の名前だけはすんごいたくさん知ってる。

新しい恐竜の研究結果が出るとどうしても気になる。ショベルカーが地面を掘っているのを眺めているだけで、パラサウロロフスは、こうやって食事をしていなのかなとか、クレーンが動いているのをみると、アパトサウルスが首をもたげて動いているのを想像して、興奮してしまう。


恐竜大好きなんです。


家に大きなブラキオサウルスの模型があったり、ベランダではプテラノドンのスケルトンが飛んでいたり、机の横にはトリケラトプスの骨格標本があったり、ふと数えてみるとかなり恐竜に囲まれている。

IMG_6828.jpg


だから、ジュラシックワールドも初日に観に行きました、ええ。
そしてもっかい観に行きます、近々。


ジュラシックパークは、映画館に何回も観に行きました。一番最初に映る恐竜は、ブラキオサウルスなんだけど、初めてブラキオサウルスが登場したシーンは、正直涙がこぼれました。おそらく、グラント博士とまったく同じ表情をしていたことでしょう。


IMG_6879.jpg



あぁ、思い出しただけでもあの感動は、たまんない。

今回は、主人公の男の人がヴェロキラプトルを手なづけてるもんね。たまんない。ちなみに、ジュラシックシリーズに出てくるヴェロキラプトルは、本当のヴェロキラプトルではなくて、あれは、デイノニクスなんだよね。本当のヴェロキラプトルは白鳥くらいの大きさだったから。ジュラシックパークを作った当初は、デイノニクスとヴェロキラプトルは同種って考えられてたから、名前のインパクトと大きさである種、想像上の恐竜として登場してるだんけど、今では異種というカテゴリーだから、あまりメイクセンスではないんだけど。。。まぁ、でも、インドミナス・レックスっていうハイブリッドの恐竜が今回のジュラシックワールドでは出てくるから、まぁ、いいんでないかと個人的には思ってます。

それにジュラシックって日本語ではジュラ紀のことなんだけど、トリケラトプスやティラノサウルスのような一番大きなそして、有名な恐竜が登場したのは白亜紀なんだよね。順番としては、三畳紀、ジュラ紀、白亜紀なんだけど。

僕がまだ子供の頃、恐竜は爬虫類よりで、ゴジラのように尻尾を引きずってたし(あぁ、新しいゴジラもたまんなかったなぁ)変温動物で動きも鈍かった。ところがどっこい、今ではダイノバード説が定着してるから、爬虫類よりも鳥に近い形で恐竜が表現されてる。

だから、迫力も増してるね。

BBCだったり、いろんな番組でCGIで恐竜を描いているプロダクションがあるけど、ジュラシックシリーズは、やっぱりハリウッドプロダクションだし、恐竜がしっかりしてる。

といいつつも、こないだ久しぶりにみた大昔の【ロストワールド(失われた世界)】でのストップモーションの恐竜が逆にリアルだったりする。尻尾は引きずってるけど。


・・・ダメだ。

恐竜のことを話し出すととまんないし、興味ない人からしたら「?」が吹き上がってくるだろうからここまでにします。

ビバ、恐竜

ちなみに子供の頃から僕が一番大好きな恐竜は、『トリケラトプス』です。



IMG_6867.jpg



んーっと、今日はこれで終わります。

たまにはいいでしょ。

とにかく「僕は元気でやってるよ。」

みんなも「元気でやってけよ。」



fairu.jpg



- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。