FC2ブログ

Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

Merry Christmas

メリークリスマス2018


メリークリスマス!

今年は、2年ぶりにイギリスでのクリスマスと年越しです。

久しぶりに浮き足立った、そして普段より人の心が暖かいイギリスのクリスマスを触れることができて、ホッとしています。

にしても、なんだか不思議な一年でした。そして、自分の周りで起こっている出来事というのは、いろんな形で自分に影響を与えているということがよくわかった一年でした。
例えば、イギリスのEU離脱が混迷を極めていることが根源的に、僕自身こんなにパーソナルなレベルで感覚的に影響を与えられるなんて思ってもみなかった。直結して考えらえるわけじゃないんだけど、やっぱりそこが関係あるんだと思う。







ジャスティンウィルマンの人生はマジック

さて、みなさんの一年はどうでしたか?

一年があっという間に過ぎていくと感じる人もいるかもしれません。
それは、どうやら脳が退屈しているからだそうです。感情的な意味での退屈ではなく、情報処理速度的な。だから、脳も驚くような日々を過ごすといいんでしょうね。すると、あら不思議、一年があっという間に過ぎたなんて思いもしないはずだから。

僕らは、脳(器官として)を退屈させて、僕たち(個人として)を興奮・満足させるようなガジェットや刺激に満ち溢れている環境で生活しています。でも、それは本当の意味で僕たちに何も与えてくれない。

サンタクロースのおじさんも、もうゾッとしていると思います。


「わしに、あげれるものは、もう、この世には、存在しない」と。


死に至る病とは、絶望だ、そして絶望とは罪だとキルケゴールは説いたけれど、現代の僕らにとって、死に至る病とは、退屈だ、そして退屈とは受動的精神だと僕は思います。

なんだか世間が浮き足立つクリスマス。でもこの期間は、受動的精神の先の何かを人々が持っている特別な期間だとも僕は思ってます。


世界が、憎しみと争いの対極にある何かに、少しでも近づきますように。


『僕は、元気でやってるよ。みんな元気でやってけよ。』


メリークリスマス!


そして、あと数日の2018年、みなさん後悔のないように。良いお年をお迎えください。

0 Comments

Add your comment