Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

当たり前なこと/当たり前じゃないこと

昨日のワークショップの帰り
Paddingtonという駅で電車を待っていた10:00頃

反対車線のplatformで何やら10代後半くらいの男2人が
酔っ払いながら友達同士にも関わらず、激しく言い合いをしています。

どうやら、Eustonに行きたいらしいが
どうやって行けばいいのか分からない様子。

泥酔していることで、イライラに油が注がれてるようで
路線案内図を殴ったり、頭をガンガン壁にぶつけたり

「あーあ、大丈夫かね」
って見てました。

すると突然、僕と同じ車線にいた30代前半くらいの男の人が
「Hey,mate!」
 呼びかけてます。

でも、彼らは無視。結構大きな声なのに
暴れているから気づけないんだろう。

それからもずっと彼らは叫び、暴れてます。

すると、再度その男の人は大きな声で
「Hey!mate!!」

やっと彼らは耳を傾け
男の人は乗り継ぎと行き方の案内を大声で。

大助かりな彼ら
「Cheers,mate!!」

陽気に電車に乗ってきました。

僕もにんまりなりました。


泥酔の暴れん坊に話しかける事
声が届くように大声で話しかける事
一度、無視されてももう一度話しかける事

どれも、日本ではあまりみかけない光景(大阪の一部を除いて)

でも、こっちではそこそこ見かける光景。

当たり前なこと
当たり前じゃないこと

ちょっと立ち位置を変えて眺めてみると
当たり前じゃないことが
もっと、当たり前になっていくのかも。

すると、もう日々が少し楽しいのかも。
ほら、視点を変えてみると。



2 Comments

鰹  

いいね。
なんとなくいいね。

2007/04/28 (Sat) 16:15 | EDIT | REPLY |   

gencoo  

>鰹
いいでしょ。
なんとなくいいでしょ。

2007/04/29 (Sun) 11:08 | EDIT | REPLY |   

Add your comment