Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

assimilation

The Long and Widing road Fulham park

昨日、またまた出てきた。
うーん。まさか英語でも同じよーに感じるとは。

independence
自立

あー、もう、わかんない。
基本的に自分でしっかり消化できていない言葉はあんまり日常生活では使えない、いや、使わない(冗談で言ったりはするかもだけどね。)
そんな日本語は山ほどあるんだけれど、(英語では使える言葉の方が少ないんだけど)その一つがこれですね。
「自立」・・・「自活」じゃなくて、「自立」
「自活」は消化できてる。でも「自立」は完全にもたれてる。

時々、そこいらから聞く言葉「自立」、昨日は英語バージョンで聞いたindependence
independenceを自分の中で「自立」って訳しているってことは何となく理解はしてるんだろうけど
完全に、もたれてる。太田胃散ください。

時々耳にする
「自立がしたい。」
そういう人たちに聞いてみたいなぁ。知りたい。

①<自分でお金を稼いで、自分で生活する>
これは「自活」

②<他人の力を借りず、自分ひとりでも生きていけるようにすること>
これは、この時点で意味がわかんない。
前にも言ったみたいに、生まれた瞬間から他人の力を借りずに生きることができないのが人間で、その脆弱さと儚さが人間の<売り>なんだ、、、ろう。
確かに金銭面では自分ひとりで生きていくことは可能、自分のことはすべて自分ですることも可能、ただ、他人(友達や家族を含む)が存在する以上、必ず誰しもが、助けてもらうこと可能性がある、、、と思う。

③<社会的責任を持つこと、夢を持つ事、家族を持つ事・・・・?>
じゃぁ、これらが無い人たちは「自立」してないって???

うそーん。

んなことはないと思う。

あーあ、しまった。やっちゃった。投げちゃった。ややこしいの。

たぶん、僕が使えない言葉の多くってのは(んなことないのもあるやろ!?)
単体の言葉ではなくて、集団の言葉なんだろうな。
単体で消化するんでなく、集団が消化する言葉なんだろうな。
単体では消化できなくて、集団でしか消化できない言葉なんだろうな。
単体が使っているようで、集団に使わされてるだけの言葉なんだろうな。

あんまり意味ない、、、、かな。僕にはそーいう言葉。使わないんだろうな。
逆に何となくわかったかなー。
良かった良かった・・・って勝手にすみません。

でも、たまにはちゃんとこういうことも考えて頭を使うのも
シナプス間を電気系統に瞬間移動させるのも大事でしょ。

ね?
「ねっ☆」って言って。
The long and widing road fulham park 2


4 Comments

鰹  

gooの国語辞典で検索したら、
自立
(1)他の助けや支配なしに自分一人の力で物事を行うこと。ひとりだち。独立。
「親もとを離れて―する」



そして、
(2)自ら帝王の位に立つこと。
「其後―して呉王となる/中華若木詩抄」


だと。
俺、自立しようかな。。

2007/05/10 (Thu) 01:11 | EDIT | REPLY |   

howl  

>鰹
へー、(2)ならまだ、消化できるかもなー。ナイスな情報サンクス。あっしも乗ろうかね。それに。

2007/05/10 (Thu) 13:00 | EDIT | REPLY |   

*kat*  

ねっ☆ははは~消化は大切だ
わたしの自立の言葉のイメージは、
自分で想った事や決めた事を「よし!やっちゃうぜ!」ってな感じで、すっくと立ち上がって頑張ってやっていく感じかしら
要は、心意気を重視したいってことのようね
わたしもほとんど使わない言葉だけど、考えるのは楽しい
だから分かるよー^^

2007/05/10 (Thu) 15:25 | EDIT | REPLY |   

gencoo  

>*kat*
そう。考えるのは楽しかったりするんだけどなぁ、いっつも頭から湯気でてまっす。

2007/05/11 (Fri) 10:15 | EDIT | REPLY |   

Add your comment