Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

映画草子(勝手に始めてみます。)

<だーくふぁんたじー>なんだそれ?またまた新しいジャンルが出来ている。
ダークファンタジー?またまた意味のわからない言葉が出来てしまった。

ふぅ、しかし、これほど細かくカテゴリー分けする必要があるのかね。そもそもファンタジーものの定義もなかなか難しいのに
さらにこれに、ダークときた。ふむふむ。他に何か、ダークファンタジーに位置づけられるような作品がたくさんあるのかね。
僕は結構、映画は見てる方だとは思うけど、今まで自分で何かの作品をこんなカテゴリーに入れたことはなかったよ。

ん?ってことは新しいジャンルの作品なのか!?
「残念、否。」・・・僕の意見はね。

ってこれだけ言うってことは、この作品あんまりおもしろくないのか?って?
「残念(?)否。」・・・おもしろかったよ 【Pan's Labyrinth (パンズ ラビリンス)】

作品を見終わって・・・何となくダークって付けてる意味がわかるにはわかった。確かにダークファンタジー。でも何か納得いかない。
確かに観に来るお客さんにとっては分かりやすい情報。そういう意味では旨く表現してる。でも、ショウガナイかな最近は事前に情報を
与えすぎ・・・ってそうでもしないとお客さんの眼も肥えてしまってるから、客寄せを出来ない現状なのかも。


というわけで、僕も便乗。
【そんな眼が肥えてるであろうお客さんに僕だったら、こういう風に内容を伝えるだろうの巻】
注)商業目的ではないので、自分なりの感想ですけどね。
みんなが見る前にあらすじ以外の内容を伝えるつもりはないです。
自分の表現方法で、ネタばれを避けながらも雰囲気を伝えるよーな。
よくわかりませんが、とりあえず、チャレンジ。
僕にとってもいい修行になるので(笑)付き合ってくださいな。
記念すべき第1回目は上記の作品でござ~い。


0 Comments

Add your comment