Leo Ashizawaの「元気でやってるよ。」「元気でやってけよ。」

自分がやりたいことを少しでも伝えるには、自分自身の中でそれなりに土台が必要です。僕の土台はこのメッセージ。これまでお世話になった人へ。これからお世話になるであろう人へ。ロンドンで活動する役者、Leo Ashizawaからの便り。

***BONACHELA DANCE COMPANY PRESENTS SOLEDAD***

Performed by Amy Hollingsworth and Cameron McMillan

いまいち、ROYAL FESTIVAL HALL内のどこで、何が行われるのかが把握できなくて
英語ってのはもちろん、文章が理解できないのもあるけれど、文字の種類がアルファベットのみなので、僕には結構読みにくかったりする。
(ね?だって日本語だと、漢字とカタカナとひらがなの3種類に分かれているから結構見分けがつきやすい。って日本人だからかな?)
だから、THE OVERTUNEのリーフレットを持ちながら歩いていても、どこがどこで、どこで何をするのかもわかりにくかったりする。
(まぁ、僕が方向音痴だってのもあるんだけどね。)

そこで偶然見つけたこのパフォーマンス。
エネルギーが溢れておるわ。

美男美女とはまさにこの組み合わせ。
すごいね、よく見つけてきたね、こんな絵になるような美男美女。

特にパフォーマンスダンスの内容が男女の特別なお話なだけあって
容姿もかなり考慮にいれてある作品なんだね。

でも、コレがダンスもすごい。
何というか、僕はものっそいダンスが苦手で・・・

お芝居の中で昔ダンスがあった時があるのね。
そのとき僕はものっそい気持ちよく、楽しく踊っていたのね。
ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ調子に乗ってたのね。

そして公演が終わった後に、友達が一言。
「なぁ?ダンスするパートあったやん?お前だけ何でロボットダンスしてたん?」

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
ね。

まぁ、いいや。
そんなのだから、ダンスで<物語と感情>を表現するってのに憧れるし、すごいなぁと思う。

ちょっと話がズレてしまったけど、

そこでこの二人のパフォーマー。

AmyとCameron。

すごいんだ。

内側に秘めるエネルギー、何かこのエネルギーが凝縮されていて
それが小さな動きや、ゆっくりな動きの中に暴れだしそうなくらい充満してる。
そこにちょっとでも着火すると、大爆発しそうなくらい。


しかもそこまで表現できるほどの身体能力をしっかりと兼ね備えてる。

聞けばどうやら、2006年に、イタリアのGuglielmo Ebreo Awardと Critic's Choice Awardって言う賞をとってるみたいなんだな。
んー。
何の賞だかよくわかんねーが、
まぁ、賞、、、、んんっ、、、賞。

賞ね。

まぁ、賞とかどーーでもいいんだけど、とってよーが、とってなかろーが。

エネルギーが渦巻いておるわ。


良いもんはいいから。


0 Comments

Add your comment